カテゴリー「真間川のほとりで」の記事

2017年5月14日 (日)

〇〇ファースト

 今日は「母の日」。昨年まで僅かではあったが母にプレゼントを贈っていたが、今年は神様への執り成しの祈りを贈るだけである。いつかこのような日が来るとは分かっていたが、いざとなると寂しい気持ちが湧いてくる。小学生の頃は母に随分叱られた記憶がある。その一方、下級生の頃のクラス旅行などには母も同行していたらしく、集合写真に必ず母の姿がある。どのような経緯で同行したのかは分からないが、大切にされていたのだと思う。そんなことは何も私の母に限ったことではなく、多くの「母」にとって、我が子第一(ファースト)であるのが普通であろう。しかし、「ファースト」も時と場合によっては行き過ぎた事態を招き、「モンスター」と化してしまうことも周知のことである。
 今年の1月22日、「世界終末時計が残り3分となった」と発表された。核軍縮の取り組みが停滞し、温暖化を防ぐ取り組みが不十分であること等で、3年ぶりに2分短縮されたのである。終末時間は人類が生み出した技術によって世界が滅亡する時間を午前0時になぞらえ、残り「何分」と表示したものだ。それは人々の平和への希求の表れでもある。1952年に米ソが核爆弾の実験を行った時には「残り2分」まで近づき、米ソが戦略兵器削減条約に署名した1991年には17分になった。それなのに世界の歩みは再び終末に向かって加速している。今や世界を終わりに導く要因には、技術をどのように用いるかという人間の在り方もまた大きく関わっており、そのことも考慮されなければならないのではないか。その理由として感じるのは、「○○ファースト」という言葉である。誰しもが自分の幸福を願うし、それ自体は決して悪いことではない。しかしその際、隣人への配慮がなされているだろうか。独りよがりな自己防衛だけが独り歩きしていないだろうか。それが他者を抑圧し脅威となっていないだろうかと危惧するし、終末へ加速する源ではないかと思う。
 主イエスは経済的に貧しい者というだけでなく、「神無き」貧しき者(全ての人)に寄り添われた。主が寄り添われることで、彼らが再び生きる力を取り戻すようにと願われたからである。「貧しき者ファースト」、それが世界終末時計を巻き戻す力になるのではなかろうか。
 母たちの我が子への純粋な愛が、世界中で「ファースト」になったら素敵なのに!

2017年5月 7日 (日)

養われる

 連休後半、5月2日に庭のサクランボが一気に色づいた。前日までは、枝先の実が少し赤くなっていただけだったのに、僅か一日で手が届く高さの枝の実まで色づいた。今年も豊作、野鳥たちも歓呼の鳴き声を挙げながら、ついばみに飛来することだろう。
 じつは、保育園の子どもたちがサクランボ狩りを予定していたのが5月1日の火曜日。数年前までは、ゴールデンウィークの終盤頃に熟すことが多く、子どもたちが毎年のようにサクランボ狩りに来てくれていた。ところが数年前から、熟す日が少し早くなり、ゴールデンウィーク中に熟したサクランボの殆どが鳥たちに食べられてしまい、サクランボ狩りは叶わぬ夢となってしまっていた。それもあったので、今年は少し早めにと計画してくれたのだけど、一日違いで今年も夢となった次第。それでも折角だからとやってきた子どもたちは、保育士が木の上の方の熟した実を一粒ずつ口にすることができたのが、せめてもの慰めであった。自然が鳥たちを養うために、サクランボが熟す期をゴールデンウイーク中と定めたのなら、潔く諦めざるを得ない。
 それにしても鳥たちは熟す期を良く知っているものだと思う。調べてみると、鳥類の視力は人間よりもはるかに優れており、特にタカやワシなどの猛禽類の視力は人間の8倍、そして紫外線までも見ることが出来るのだという。つまり鳥たちが熟したときにサクランボを食べに来るのは、人間よりも優れた視力で観ているからだということになる。「空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。あなたがたは、鳥よりも価値あるものではないか。」(マタイ6:26)聖書の時代の人々は、鳥の目の仕組みは知らなくても、鳥たちに素晴らしい能力を神が与え養ってくださっていることは知っていた。翻って現代の私たちはどうだろう。増えた自然科学の知識や発展した科学によって、未来を築こう(養おう)としているだけではなかろうか。武力や原発でなく、神が与えてくださった「平和を愛する心や豊かな自然」と共に、未来を築いていきたいものだ。
 サクランボ狩りが出来ず子どもたちは残念だっただろうが、一粒食べられたことに満足して帰園する彼らの姿は、大人の私たちが忘れてしまっている「養われていることに感謝する」姿そのものなのだと教えられた今年のサクランボ狩り計画であった。

2017年4月30日 (日)

解き放つ

 先週、教会の皆様のお許しをいただいて、再度佐賀へ帰ってきた。家に戻る前、姉弟と三人で父の実家である薩摩川内市へ、実家に居る叔母に母の形見分けの品を届けるために、そして祖父母の墓参りをするために姉の車で向かった。目的はもう一つあって、薩摩川内市は私たち姉弟が幼少の頃に住んでいた地であり、私自身は「生まれてから5歳までと中1の春から中2の夏まで」、姉も弟もそれぞれに記憶を辿ってみようという旅であった。二つ違いの姉と弟の記憶は、私と重なることもあれば、三人三様の記憶になっていることもあって楽しい旅となった。
 8年前亡くなった父は長男だったが公務員になり、実家を離れて佐賀に居を構えた。父の代わりに家を継ぎ、墓守をしてくれたのは一番下の娘(叔母)であった。その墓に父が入ることを望まなかったのは、「自分が行わなければならなかった墓守を妹がしてくれている」という負い目があったからだろうと私は思っていた。しかし今回墓参りをして、父の思いは違うところにあったことに気付かされた。それは、「私たち子どもが墓守の苦労をしないように、自分はその墓に入らないと決めたのではないか」ということであった。田舎の墓は、墓地に身を寄せ合うように墓石が建てられている。地域の人々は、どの墓石がどの家のものと瞬時に見分けられる。手入れしているかどうかも直ぐに分かるし、何かあれば共同で負担し維持しなければならない。薩摩川内市から遠く離れた地に居住し、簡単に帰省できない私たちに、「墓守の負担は掛けられない」というのが父の本音だったと推測するのは容易なことだった。父が意を決して下してくれた決断によって私たちは「古い縄目から解き放たれた」ということに気付かされたのであった。
 「新しいぶどう酒は、新しい革袋に入れるものだ。そうすれば、両方とも長もちする。」(マタイ9:17)イエスは古いものを破棄して新しいものを作られたのではなく、古いものを活かすために新しいものを用意する必要を知っておられた。そのことによって人々は「新しい救い=十字架による罪からの解放と救い」を得ることができたのである。古き良きものを大切にしつつも、縄目となるものから解き放たれることによって、み言は常に輝きを増していくことだろう。
 母の死で実家は無くなったが、子を想う父の気持ちを私も我が子に伝えたい。

2017年4月23日 (日)

メカニズム

 米カリフォルニア大学バークレー校の機械工学の研究者が、「靴紐がなぜ突然ほどけるか」という謎を解明したというが、きっかけは三年前、幼い娘に靴ひもをちゃんと結ぶよう教えたけれども、何度教えてもひもがほどけることに気付いたからだった。いろいろ調べたが、ひもの結び方については説明されていても、ほどける理由について説明したものは無かったので、二人の大学院生とこの謎に取り組んだ。その結果、着地した時にかかる重力で結び目がゆるみ、足を前後に動かした時にかかる紐への遠心力が働いて、どんなに堅く結んだひももほどけてしまうのだが、メカニズムは発見したものの、結び目の強度を力学的に表す「魔法の数式」を発見するにはいたっていないという。この研究者が「魔法の数式」を解明しようとしているかどうかは知らないが、素人には「だからどうなの?」としか思えないこの発見が、いつか大きな事に繋がっていく・・・のだろうか?
 様々な事象のメカニズムを解明することで、人類は進歩を遂げてきたと思う。色々な病気にも研究者の地道な努力によって克服されてきたし、生活も楽になってきている。その一方、解明することが必ずしも人類の幸福に繋がらないということは、原子力発電や核開発が教えてくれてもこいる。問われていることは、その研究が人類の繁栄と平和のためであるかどうかということと、その研究を行う者や用いる者に良心が働いているかどうかだろう。そのために今も多くの方が、様々な「不思議のメカニズム」を解明し、人類の幸福のために働いてくださっていることに感謝したい。
 「『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』これが最も重要な第一の掟である。第二も、これと同じように重要である。『隣人を自分のように愛しなさい。』律法全体と預言者は、この二つの掟に基づいている。」(マタイ22:37~40) 旧約の時代の人々は、人間には神が必要であることを知っていた。イエスは更に神と人を愛することこそが、人として生きるための大切なメカニズムなのだと二つの掟を語られたのである。それを受け入れた時に信仰が生まれ、信仰のメカニズムの中で生きる時に、私たちは「苦しみに耐えることができる」(Ⅱコリ1:6)のである。

2017年4月16日 (日)

伝える

 シリアが化学兵器を使用したと断定した米軍は、シリアの空軍基地に向かって多数の巡航ミサイルによって攻撃した。そしてこれを日本の指導者は、いち早く支持の表明を行った。浅はかな行為の連鎖と見えて仕方ない。どのような化学兵器が誰によって使用されたのかを断定するための確証はあるのだろうか。人権が侵害されたと非難しつつ反撃をすることは、本当に人権擁護の姿勢なのか。米国の発表を支持するために独自の調査を我が国は行ったのだろうか。大国米国の情報を鵜呑みにし、追従しているだけではないのか。次々と疑問が湧いて仕方ない。
 2003年のイラク戦争と同じ状況だとある評論家は言う。イラクに大量破壊兵器が見つかり、クウェートでは住民への虐殺や略奪がなされている。そして決定的な一人の少女の証言が伝えられ、米国はイラクへの攻撃を開始した。当時の大統領も度々引用した証言は「ボランティアをしていた病院にイラク兵がやってきて、保育器から新生児を取り出し床に放置し死なせ、保育器は奪い取っていった。」というのもであった。しかし戦争終結後、イラクから大量兵器は見つからず情報はアメリカの諜報機関のねつ造であったこと、少女はクウェート駐米大使の娘で偽の証言であったことも発覚している。第二次大戦中、ウソで塗り固められた大本営発表を信じ込まされた歴史を知っている我が国なのに、あの教訓を活かすことなく再び真偽が明確でない情報によって方針を決めてしまうというのでは、余りにも無策としか思えない。伝えられていることの確かさは、自分たちで確証する姿勢が必要ではなかろうか。
 週の初めの日、イエスが葬られた墓が空になっていることを告げられたペトロともう一人の弟子は、墓に確かめに走った。墓は空になっており、イエスの死体は確かにどこにもなかったが、復活したイエスが閉じこもっていた彼らに会いに来てくださった。彼らの喜びは大きく、その後の自らの人生を捧げることとなったが、それは教会を作るためではなく、聖書という書物を書き記すためでもなく、彼らが確かめた「キリストの福音」を伝えるためであったことはいうまでもない。
 私たちは地上に降りて働かれたイエスに出会うことは出来ないが、聖書に記され弟子たちが見聞きし確認したキリストの出来事を私たちも伝えている、今もそしてこれからも。

2017年4月 9日 (日)

私たちの本国は・・

 「人は簡単には死ねない」、と母が亡くなって思う。母が生きていた証が様々な所に残っており、法的にも「この国にからいなくなった」ということを証明する作業を続けてきた。そのためには「母がこの国の住民であったことの証明」が必要とされるが、その手続きをする者(私たち兄弟)が、手続きする権利を有する者であること(母と親族であったこと)の証明も必要となってくる。それには「戸籍謄本」が何より事実を証明してくれるのだから、本籍地へ申請し取り寄せなければならない。幸い私の本籍は両親と同じところにあるので、私の謄本と同時に取り寄せると面倒な書類も必要ないことが判り、ほぼ1週間で取り寄せることができた。そして書類を取り寄せ、車で実家に向かったのが先週の月曜日。母が亡くなった後も姉と弟は実家に残って作業してくれており、「謄本」さえ揃えば諸手続きは終了するというところまで整えてくれていた。そして私が持参した「戸籍謄本(全部記載の謄本も含む)」をもって役所に向かった。役所では死亡による年金の終了、「保険証」と「マイナンバー」の返却手続きを行った。順番待ちしながら弟がポツリと「これで終わった」と漏らす言葉を聞いて、手続きの大変さを思った。死そのものは瞬時に人を襲うが、人が生きてきた痕跡を公的に無くすには大変な労力を必要とする。まさに「人は簡単には死ねない」ことを実感する。同時に死亡に伴う手続きは、その人が生きていた痕跡を消す作業なのだと思うと、無性に寂しくなってしまった。
 数日滞在し必要な手続きを終え、私は母と父の遺骨を車に乗せて帰宅した。両親が約50年住んだ佐賀の地であるが、親類縁者もそして葬る墓もないために、両親の遺骨は私たち夫婦と同じ東教区の小平墓地と決めたからである。弟や姉の子どもたちも近くに住んでおり、「お墓参り」できる距離ということもあるし、母が「お墓はあなたたちの近くにしてくれたら良い」と言葉を遺してくれたからである。
 「わたしたちの本国は天にあります。」(フィリピ3:20)お墓は遺された者たちが心を寄せる場所であるが、そこに死者がいる訳ではない。天国に場所が備えられているからである。それでも遺された者たちが墓に集うことは大切である。自らの地上の歩みを主と共に喜びの内に進めることを心に誓う場所でもあるからである。
 母が生きた証は法的には無くなったが、私の胸の中にしっかりと残っている。

2017年4月 2日 (日)

帰る場所

 3月23日午前6時頃、私の母が亡くなった。89歳であった。その日、朝から千葉の会議に出席していた。昼前、携帯にメール着信の音があったが会議を続け、しばらくして休憩に入ったのでメールを確認した。弟からであった。「兄さんへ、姉さんよりお母さんがなくなったと連絡ありました。」目に入った文章の意味が良く分からず、席をたって廊下で見直した。「亡くなった」という文意は理解したが、頭の中が真っ白になり思考が一瞬停止したような状態になった。少し気を落ち着かせ、弟に連絡すると、「朝方、近所の方が声を掛けてくださったが返事がないので中に入ってみると、床の間で吐血して倒れていた。医者を呼んだが、既に息を引き取っていて亡くなったことが確認された。」ということであった。
 急遽実家に帰宅し、姉から詳細な状況を聞いた。三日前に来た時は、少し弱っていたものの元気だったこと、吐血は居間とトイレにもあったこと、発見した方が体に触れると未だ温もりがあったこと、検視のために警察が来て調べたこと、死因は消化器からの多量な出血による窒息死であること等を知らされた。兄弟三人で相談し、葬儀は翌日早朝、私が司式して家族だけで行うことを決めた。翌朝の葬儀には聞きつけた近所の方二十名弱の方が参列してくださり、生前の母の日常の一部を垣間見ることができた。地上の最後の営みをしてあげたことが、親不孝な私にはせめてもの慰めとなった。
 火葬後に弟が「この家が無くなると、なかなか会えなくなるね」と一言。父と二 人で建てた家だが、建てた時には私は既に家を出ていた。それでも私にとっては大切な実家。母は父が亡くなってからも一人で住み続け、私たち兄弟の帰りをいつも待ってくれていた。母が亡くなった今、我々兄弟が会える場所も同時に無くなった。
 「狐には穴があり、空の鳥には巣がある。だが、人の子には枕する所もない。」(マタイ8:20)弟子たちに宣教の覚悟を求められた言葉だが、家を失った人々に「枕する所はなくても天にはあなたの住まいがある」とも語ってくださっているのかもしれないと、実家を失おうとする今、そんな言葉が心に聞こえてくる。
 実家は隣家の方が買い取る希望を知らせてくださった。もう私に帰る家はないが、私たち夫婦の家が子どもたちの「帰る場所」になればそれで良いのだと思う。

2017年3月26日 (日)

忖度(そんたく)する

 「相手の心を推し量ること」を忖度するという。最近問題になっているM学園に関して、「お役人が誰かの気持ちを忖度して」国有地の売買を安価な値段で契約したのではないか、学校認可に関しても同じようなことがあったのではないかと報道されている。私も関係する法人の土地購入に関することや様々な許認可に携わった経験から、役所の方と交渉することの大変さを実感してきた。だからといって安易に権力を用いるようなことはしてこなかったし、ましてや政治家の力があっても、簡単に事が動くだろうなどということは考えもしなかった。もちろん、私が牧師服を着て役所に出向いたとしても、決して忖度した判断をしてくれることなど一切なかった。法律規則に従って、粛々と事柄を処理されただけであった。そんな大変さを知っているだけに、M学園に対する優遇さは、私には想像すらできないことであって、たとえ記録が残っていないとしても何らかの「忖度」があったと思うのが自然なことであろう。
 「相手の心を推し量」り、心を寄せてくださった歩みをなさったのが主イエスであった。「イエスは町や村を残らず回って、会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、ありとあらゆる病気や患いをいやされた。また、群衆が飼い主のいない羊のように弱り果て、打ちひしがれているのを見て、深く憐れまれた。」(マタイ9:35~36)この後、イエスは弟子たちを派遣される(マタイ10:1以下)のだが、その根拠が「深く憐れまれた」からなのだと記されている。また、多くの人々がイエスの後を追ってくるのをみて憐れみ、五つのパンと二匹の魚を裂いて分け与えられたという出来事も、イエスの深い憐れみであった。(マタイ5:13~21)自分を守るためでも利益のためでもなく、むしろひたすらに隣人のために「心を推し量る」ことをなし続けられた。
 戦後、ルター派の神学者北村嘉蔵(かぞう)牧師は、「神はどこか遠くにおられ私たちの痛みなど感じることも出来ないようなお方ではなく、神さえ殺してしまうような罪人である私たちと共に生きてくださる方であり、十字架は神の痛みに基礎づけられた愛である」と主張した。所謂、「神の痛みの神学」といわれているが、「推し量る(忖度)」にとどまらず、十字架によって罪を贖うという大きな愛を示してくださったのである。痛みの伴わない忖度よりも、神の深い憐れみをこそ求めていきたい。

2017年3月19日 (日)

埋設物

 三月上旬より牧師館のバルコニーと軒天の工事が始まった。2月半ば過ぎに連絡してから、ひと月もたたない内の工事開始である。年度末ゆえに早急の工事は難しいのではないかと思っていたが、予想外に早い開始であった。依頼した工務店さんは以前から「バルコニーは危険です、使用しないでください。」と再三警告しておられたので、最優先で工事の日程を組んでくださったのだろうと推測する。それでも一気呵成にという訳にはいかなかったようで、先ずはエアコンの屋外機の撤去が始まってから10日程経過してやっとバルコニーの設置と相成った。
 新しいバルコニーは30㎝ほど広くなるため支柱の設置場所を掘っていた時のことである。20㎝ほど掘り下げたところに、配水管のようなものが出てきたのである。作業する方は「何もない」と信じ込んでいたので、勢いよく掘っていたら配水管を破壊してしまったと困惑しておられた。工事を一時中断し、工務店さんもやってきて調べてみるも、実際に使用されているのか分からないという。家の中の全ての水回りから水を流してみたが流れ出てくる気配もなく、「昔の住宅の配管を処理しないまま残されていた物」と結論付け工事を再開した。迷惑な埋設物である。
 教会敷地にはいろいろな埋設物がある。会堂内の防空壕跡は今でも床を開けると中に入ることができる。説教壇の前の部分の下には井戸があるし、会堂の裏にはコンクリートで囲まれた空洞がある。そして今回の配水管跡と、かつての住宅の名残が埋設されたままである。それらは新しく何かを設置しようとするには迷惑でしかないかもしれないが、この地で生きた人々の息遣いを感じられるということでは、決して悪いものではない。何故なら、何十年も先にこの地に生きる人々に、今生きている私たちの思いを伝えられるなら嬉しいと思えるからである。
 主イエスとの出会いは弟子たちの心に「新しい恵み・福音」として埋められた物である。その「埋設物」が伝えられて福音書となり、全世界に広がったものである。換言すれば、福音は私たちに予め備えられたものではなく、神が聖書を通して私たちの中に埋めてくださった埋設物にほかならない。せっかく埋めていただいた「恵み」、大切にし次の世代に伝えたいものだ。
 広くなったバルコニーで、今年の夏は「一人ビアガーデン」でも開こうか!

2017年3月12日 (日)

進歩

 牧師館バルコニーの工事が始まった。老朽化が激しく、崩落の危険があるためである。三年前、床面が緩くなっていることに気付いたのが最初の兆しであった。床面を支えている鉄骨がさび付き、数本は朽ちて折れていたため、急遽木材で補強し安全を確保した。一年後、今度は屋根の樋が詰まり、雨水が軒天(庇の裏側)から直接バルコニーに落ちてくるようになった。これで床部分の鉄骨の痛みが酷くなり、業者にみてもらうと「危険だから使用しないでください。」と言われる状態であった。教会の皆さんも心配してくださったが、先ずは屋根を修理し雨漏りを防ぐことが先決事項と昨年屋根と雨樋の修理をしていただいた。雨漏りは止まったものの、ぶら下がっていた軒天が、ついに数ヶ月前に崩落。辛うじて残った軒天を木材で支えていたものの、危険が解消された訳ではなく、今回の工事となった次第である。
 工事開始の作業はバルコニーに乗っている2台のエアコン屋外機の撤去。1台は一昨年に買い替えたものだが、もう1台は20年以上前に製造されたもの。まだ動くが殆ど使用していないので、今回廃棄してもらうことにした。業者がそのエアコンをみながら「未だ動くのですか?最近のものは殆ど10年くらいが限度。技術は進歩したが、10年で壊れるように出来る技術が進歩したみたい、使用説明書にも10年で買い替えと記載されているので。」と、皮肉を込めて話しておられた。確かに「10年で買い替え」と記載してあれば、「それが使用期限なんだ」と思い込むのも仕方ない。電化製品の進歩は目覚ましく耐久性の良い製品が出来るはずだが、次々に新製品が発売される現状を考えると、消費者のニーズが年々高度になるからか、長期使用だと製造・販売者側が儲からないかのどちらかの理由しかあるまい。進歩することを否定するつもりはないが、人間の飽くなき欲望を満たすためだけなら、何処かでストップをかけなければなるまい、もちろん私を含めてのことだが。
 教会も進歩している・・・といっても、様式や研究に関してであり、教会の進歩というのは「より福音に近づく」ということにほかならない。何故なら真理は永遠に変わらない物であり、人はその全てを知りうることはないからである。
 技術の進歩により新しいバルコニーは、より安全で快適なものに生まれ変わるに違いない。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー