カテゴリー「真間川のほとりで」の記事

2017年10月15日 (日)

アドバルーン

 デパートの屋上に揺れるアドバルーンを見ると、文字の意味よりもデパートの食堂のカレーライスを思い出していた少年の頃。めったに連れて行ってもらえないデパートは、買い物する所ではなく外食する唯一の場所であって、そこの屋上にはいつもアドバルーンが揺れていたというのが私の記憶である。あの頃(半世紀前)は至る所でアドバルーンを見た。「アド=広告」「バルーン=風船」という意味だから、当然広告のために掲げられているのだが、少年期の私には「美味しいカレーがあるよ!」と誘っているようにしか思えなかった。アドバルーンを滅多に見掛けなくなった最近は、そんな思い出は心の奥底に沈めてしまっていた。屋外広告であるアドバルーンは、消防署への届け出が必要であり、高さは40mまで、敷地内からはみ出してはならず、強風で45度以上傾く場合は掲揚を中止する等の制約があり、夜間や強風時の係留スペースの確保も必要となる。1球につき3㎡が必要で、係留ネットを被せて固定しておかなければならないし、突風などのために監視員の配置も欠かせない。風任せのノンビリした風景のようにみえて、様々なことに気遣いが必要なアドバルーンである。(丸八宣伝HP参照)
 突然の解散により、国政選挙が行われることになった。様々なドタバタがあり批判合戦があり、そして「国の為、人々の為」という言葉が薄っぺらな紙きれが舞うように耳元に振ってくる。だからこそじっくりと公約を聞いて一票を投じたいのだが、乱立するアドバルーンのように見える。公約というアドバルーンが「選挙終了」の風と共に飛び去ってしまわないように願いたいものだが…。
 「時は満ち神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい。」(マルコ1:15)と福音宣教のアドバルーンを掲げて、主は歩みを開始された。妬みや妨害の強風もあったが、最後まで掲げ、終わりは十字架という係留地にアドバルーンを下ろされた。しかし、それは再び弟子たちによって掲げられ、今も世界の各地で人々に福音を告げている。私たちはその監視員であって、目をそらしたらそれは何処かに飛んで行ってしまうと心して過ごしたい。
 投票日まで一週間、飛んでいってしまいそうな「公約というアドバルーン」を見極め、監視員として責任ある一票を投じよう。

2017年10月 8日 (日)

排除しない

 「罪人」という言葉は元々は「目的を外す」という言葉である。「神が望んでおられる人間の目的から外れて生きている者」ということになる。そして最初の人間アダムが罪人であったように、「罪」から無縁な人間は誰もいないことを聖書は告げている。しかしそのことを理解するまでには、ルターの誕生を待たなければならなかった。それまで殆どの人々は「律法を守り尽くすことで罪人から離れて義人になる」と受け止めていたからである。その結果どうであったか。
 「神様、わたしはほかのひとたちのように、奪い取る者、不正な者、貫通を犯す者でなく、また、この徴税人のような者でもないことを感謝します。」とファリサイ派の人は祈った。「神様、罪人のわたしを憐れんでください。」と徴税人は祈った。(ルカ18:9~14)律法を守り尽くすことを目的としたファリサイ派の人は、罪人や徴税人を断罪し除外してしまった。その振る舞いは神に成り代わったかのようであった。徴税人は自らを振り返り神の目的から外れてしまったことを悔い、罪人であることを告白し神の前にひざまずいた。その結果、義とされたのは徴税人であった。
 だからといってイエスは、神がファリサイ派の人を排除されるのだということを言うためにこの話をされたのだろうか。答えは「否」である。イエスはこう言われ、「わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである」(マタイ9:13)「疲れた者、重荷を負う者は、だれでも私のもとに来なさい」(マタイ11:28)と。ファリサイ派だから徴税人だから排除するということはない。いや、神様の前においては、全て罪人であってかけがえのない「あなた」なのだと。
 「排除します。」新しく立ち上げた政党の党首がためらわず、しかも表情も変えずに言い放った言葉を聞いた瞬間、私の心は凍った。「一緒に活動することはしません」等々、言い方はあるだろうと思いつつ、「この人には思想信条が合わない人は人間ではなくゴミのように排除して良い存在でしかないのだ」としか思えなかった。私たちは「共に生きる社会」をこそ求めていきたい。
 今日も「イエスの死による贖いから排除される人などいない」と教会の塔屋のてっぺんから、十字架が道行く人々に呼びかけている。

2017年10月 1日 (日)

主が開いてくださる

 月に一度、保育園の子どもたちが礼拝のために教会にやってくる。9月末、保育園から「今日は月組(4歳児)と光組(5歳児)○○名でこれから教会へ行きます。」と連絡を受け、子どもたちを迎えるために会堂の準備を始める。聖壇を整え、冬ならストーブ、夏はエアコンのスイッチを入れるのだが、その日は秋の青空が広がり爽やかな空気に包まれていたので、「エアコンよりも窓を開けて爽やかな空気で子どもたちを迎えてあげよう」と、会堂の窓を開けることにした。先ずは一階の礼拝室の窓。次に集会室の窓を開けた時、不意に神学生として市川教会に通っていた頃(ほぼ40年前)の日曜日の懐かしい風景が蘇ってきた。開いた窓の前に古財牧師がいて、日曜学校の教師であった私たち数名の青年が、あれこれ話し合っていた風景を…。教会の窓を開けたら記憶の窓を主が開いてくださり、「私の市川教会の原風景」を見せてくださったみたいであり、窓から吹き込んでくる秋風にしばし身を委ねた。
 フィリピという都市にリディアという婦人がいた。ある日彼女がいつものように川岸の祈る場所にいた時、一人の男性が近づいてきた。彼の名前はパウロといった。彼は「イエスが死者の中から復活し、神の子であった」ということを熱心に話した。その時、「主が彼女の心を開かれた」ので、パウロの話を注意深く聞き、ついにはリディアもその家族も洗礼を受けた。(行伝16:11~15)心を主が開いてくださるのだが、私たちはリディアのように開いてくださった心を受け入れているだろうかと思う。
 私たちは洗礼を受けてクリスチャンになる。その際、私たちが心しておくことは、「洗礼は私が決断したのではなく、主が与えてくださったものである」ということである。換言すれば、「主が心を開いてくださらない限り、洗礼は起こらない。」ということにほかならない。だから「洗礼を受けたい」という思いを告げられたら、それだけで十分だと理解し、洗礼を授ける。ただし、洗礼を受けてクリスチャンとしてその後どのように生きるかということは、教会の責務として伝えていく。そうして教会は二千年の歩みを繋いできたのだと思う。洗礼を受けた後も、主が開いてくださる心は、様々な事柄の中に恵みを見出せてくださる筈である。
 窓を開けて迎えた保育園の子どもたちの反応は、「暑いね!」の一言であった。記憶を辿り感慨深さにふけった私の時間が、ガラガラと崩れ落ちていった……。

2017年9月24日 (日)

速やかに

 「神よ、わたしは貧しく、身を屈めています。速やかにわたしを訪れてください。あなたはわたしの助け、わたしの逃れ場。主よ、遅れないでください。」(詩編70編6節)危機に瀕した詩人の叫びである。誰にも危機は訪れる。私たちは誰に「助けて!」と叫んでいるだろうか。
 「台風襲来」と予報を聞いていたものの、さほどの備えもしないままに寝付いた先週日曜日の夜。深夜に激しい風が吹いていたのを夢心地で聞きながら迎えた翌朝、寝ぼけ眼の私だったが、「屋根が壊れた!」という妻の一言で覚醒。「それは大変」と外にでてみると、牧師館の軒の一部が損壊しているのが見えた。地面には破片が落ち、軒天を支えていた金属板の一部がぶら下がったままであった。現状を見て屋根の上が壊れていたのではなかったので少しホッとしたが、そうはいっても早急に修理しないと雨風によって被害が増すことは確実である。休日ではあったが早々に馴染みの工務店に電話すると、「明日、伺います」と返事をいただき、一先ず安心した。ところが、それから間もなくして工務店のご主人が状況を見に来てくださった。「屋根と言われたのが気になって、とにかく様子だけでも見ておこうと思って」と。被害の様子を丹念に見た後、出来るだけ早く手配しますとおっしゃってくださった。「本当にありがたい!」と心から思ったものであった。
 アダムを造られた神は、「人が独りでいるのは良くない。彼に合う助ける者を造ろう」(創世記2章)と言われた。即ち「人は助けを必要とする存在」として造られたのだから、助け手を心しておくことは必定のことなのである。ルターもまた、困った時や誘惑にあった時に対して、「誘惑に襲われたら、仲間を捜しなさい。自分の部屋、家を出て、友人を捜しなさい!誰かと話しなさい!」と忠告してくれている。私たちが助け手を必要とするからであるし、それは神様の御心に適うものなのであって、しかも神は速やかに助けを送ってくださる。詩編の詩人の叫びを、私たちの叫びを、神が聴いておられない筈はないからだ。ただし、その助け手に私たちが気づいているかどうかは別の問題であるが…。
 速やかに来てくださった工務店さんの配慮により、工事に直ちに取り掛かってくださった。その存在があるだけで、どんなに心強いことかと感謝している。

2017年9月17日 (日)

あなたを知っている

 10日午後、千葉教会で今年の総武地区合同礼拝が行われた。講師の湯川先生はルター研究所の所員で、ルター関係の書物をいくつか著しておられる。今回は「ルターの家庭生活」と題して講演してくださった。神学的なことよりも日常的なことやルター夫妻の心象に触れてくださり、興味深い1時間半の講演であった。
 講演後、先生が私の所にも挨拶に来てくださったので、恐縮しつつ「初めまして」と挨拶したら、「いえ、私は何度かお会いしてますよ」と。だとしたら私が忘れてしまっていたのだということなので、「申し訳ありません」と失礼を詫びた。すると「いえ、市ヶ谷教会に先生がお出でになった時にお見掛けしてるだけですから。」とのこと。そういえば、市ヶ谷の牧師就任式に礼拝に行ったこともあるし、「東教区宗教改革記念礼拝」の担当常議員だった時にも市ヶ谷教会に伺ったことがあった。市ヶ谷教会員である湯川先生が、私に何度も会ったとおっしゃったことも納得がいく。弁解する訳ではないが、私の方は多くの人の中のおひとりが湯川先生であったがゆえに、記憶がないのも仕方がないことではないか!そんなやり取りがあったからという訳ではないが、親しみやすい先生の著書を少し買い求めてみようと思いつつ帰路に付いた。
 エレミヤを預言者として召された時、「わたしはあなたを母の胎内に造る前から、あなたを知っていた。」(エレミヤ4:5)と神は言われた。エレミヤは特別な人だったから神はご存知であったのだろうか。木の上にいたザアカイに「ザアカイ、急いで降りてきなさい。」(ルカ19:5)と声をお掛けになったが、徴税人の彼をどうしてご存知であったのだろうか。数十人の方とお会いしてもその一人ひとりを知ることには困難さを覚える私からすれば、神様は一体どうやって見分けておられるのだろうかと思ってしまう。「わたしたち一人一人に、キリストの賜物のはかりに従って、恵みが与えられています。」(エフェソ4:7)と聖書には約束されている。つまり、全能の神は私たちにははかり知ることのできない力で、私たちを知っていてくださるということに他ならない。だから、神様がどのように私のことをお知りになるのかを考えることよりも、「あなたを知っている」と語ってくださる神に信頼して祈り続けることこそが、私たちの歩む道であろう。

2017年9月10日 (日)

染み込む

 市川市から「登録有形文化財市川教会の紹介をテレビで行いたい」と申し込まれ快諾した撮影が、先日行われた。15分ほどの放送(教会部分は10分程度)だが、台本も用意され、撮影も5時間(私が説明している部分は3時間)に亘って行われた。教会の隅々まで(防空壕跡の中も聖壇の床下も)撮影していかれたので、出来上がりがとても楽しみである。女性のナレーターの方が最初に会堂に入られた時、とても感激してくださり、同時に「とても暖かく懐かしい感じがします」と言っておられたが、木の温もりがそんな感情を起こしてくれたのだろう。会堂の痛みが激しく将来のことを数年かかって検討し「修復」の道が開けた頃のことを、彼女の声を聞きながら思い出していた。
 実はこの撮影の三日前にも、「東京および近郊の教会百選(仮)」という写真に市川教会会堂を掲載したいので撮影したいと申し出があり、一人の写真家が撮影に来られた。撮影の前に教会内を案内していた時、ペンキの禿げた所や傷を見ながら「木造の教会は傷ついたところが沢山ありますね。でもこれは信仰が染み込んだ印だと思います。」と言ってくださった。日本キリスト教団S教会の長老だと自己紹介されていたので、その方の教会に対する深い思いを聞かされたように思えた。一般の方には温かさを、そしてクリスチャンには私たちの群れの歩みを、会堂は何も語らずとも伝えてくれているのである。
 肉体も心も絶えず傷つきながら、私たちは地上の歩みを続けている。多くの傷は癒され消えてしまうが、傷跡として残り続けるものもある。まして心の傷は奥深くに潜み、何十年も人の心を支配し、自らを責め苛(サイナ)み「罪の刃」となることもある。傷が染み込んでいるからである。しかし私たちは主を知っている、私たちの傷を負い、その罪を十字架に付けてくださった主を。だとすると、私たちの傷の数だけ、傷の深さだけ、恵みは大きくその数だけ与えられている徴とは言えまいか、「打ち砕かれた心の人々を癒し、その傷を包んでくださる」(詩編147:3)とあるように。「あなたの傷には恵みもまた染み込んでいる」と、祈りの中で主の声を聞ける幸いを私たちはいただいているのだ。
 教会紹介の放映は11チャンネル、16~22日の10時・12時・20時・22時です!

2017年9月 3日 (日)

警報

 8月末、熊本に研修に行った折、昨年四月の震災報告があった。併せて余震は今も続いており、今年6月まで4347回もあったことを伺った。大変なご苦労に心を馳せつつ、同時に余震の多さに驚かされたが、私が心に浮かべたのは、緊急地震速報の警報音であった。東日本大震災の折、この地域でも何度も耳にしたからだ。熊本の方たちはあの警報音を何度聞かされ、その都度どんな心持ちにさせられたかと思った。
 突然鳴り出す警報音に、小心者の私はひたすら「大地震でないこと」を願いつつ、揺れの瞬間をやり過ごすだけである。警報音が鳴った時の行動指針には、まず「びっくりしないでください。」と書いてあるが、警報音がトラウマとなりびっくりせずにはいられない。熊本の方々もこのトラウマを抱え込んでおられるのではないかと案ずるが、だからといって慣れてしまっては警報の意味も無くなる。痛しかゆしである。
 8月29日未明、12道県の住民にJアラートが送信された。メールには「ミサイル発射。北朝鮮からミサイルが発射された模様です。頑丈な建物や地下に避難して下さい。」と書かれていたという。恐らく殆どの方が「とはいっても、どうすれば良い?」と戸惑ったに違いない。「牧師館より教会が頑丈だろうから、教会に逃げ込むか!そういえば防空壕跡に長靴履いて逃げれば良いか!」と思った私だが、Jアラートのメールには文章に欠落がある。先のメールは「屋外にいる場合」なのであって、屋内の場合は、「窓から離れ、窓の少ない部屋に逃げる」ということが緊急の対処法であるという。ともあれいきなりの警報音にびっくりしないで行動するのは難しい。日頃から「警報はいつでも鳴る可能性がある」と心するしかないか。
 預言者エレミヤは、偶像崇拝を続ける民に繰り返し「神から離れることがないように」と警告し続けた。しかし人々はエレミヤのことを笑うばかりであった。やがてバビロニヤのネブカドネツァル王によりエルサレムは陥落し、バビロニヤに連れ去られてしまう。神からの警告を軽んじた結果であった。エレミヤの言葉を、神からの言葉と受け止められなかった民であるが、それでもエレミヤは彼らを捨てることはなかった。警告(警報)に、「あなたのために」という愛が込められていたからである。
 Jアラートの心配がない関係をと願わずにはいられないが、それ以上にJアラートで危険を煽り防衛費を増強しようなどという目論みがはあってはならないが!

2017年8月27日 (日)

リフレッシュ

 休暇をいただいて少し旅行してきた。今年は熊本での三日間の会議の前に念願だったこと、京都での墓参りと倉敷の大原美術館を訪ねたいと思って出かけた。お墓は京都の大きな寺の霊園で母方の祖父母の墓があり、同じ墓には私たち兄弟を自分の子どものように可愛がってくれた母の妹が昨年末に亡くなり納骨されていたからである。約3万の納骨仏壇の中からやっと探し出し、感謝を込めて手を合わせた。倉敷の大原美術館では、個人で収集されたものとは思えないほどの膨大な美術品や工芸品を堪能させてもらった。目的を達成した後の熊本では、インターン中の長男と会い、一か月半の体験を聞く機会があった。聞きながら自分自身がインターンだった頃を懐かしく思い出し、「帰りに最初の任地であった北九州を訪ねてみよう」と考え始めていた。
 1983年から4年間、八幡西区にあった黒崎教会で働いた。1966年に「全国レベル開拓伝道」の中で誕生した教会で、社会運動グループに積極的にアプローチしつつ宣教を試みていた。しかし教勢が伸びず、宣教方針の転換を余儀なくされて新卒の私が派遣された。(黒崎教会は1995年頃組織が解体された。)本教会が私を指名した意志は兎も角として、30年振りに黒崎駅に降り立って思い起こしたのは、「意気込みと不安半々の気持ちで黒崎駅から教会までの道を、結婚したばかりの妻と歩いたこと」であった。教会までは賑やかなアーケードを通るのだが、現在の繁華街はバス通りに移ったようで、かつての賑わいもなく閑散としたアーケードを歩いていった。そこを通り過ぎると直ぐに教会の建物が目に入るのだが、古い建物ゆえに取り壊されていると予測していったが、同じ場所に似たような建物が!入口付近には少し手が入ったようだが、恐らく建て替えもせずに外装を変えて使用しているようであった。10人前後の礼拝、それでも長女と次女が生まれ、私たち家族にとっては第一歩を踏み出した地。あれから30数年、主が宣教された10倍もの時間を経ながら、どれほどの働きが出来たのだろうか。働きの成果は主にお委ねすれば良いこと、牧師として召された喜びだけを携えて、今派遣されている市川教会で宣教の務めを果たせば良いのだと、第一歩を始めた地が語り掛けてくれているようであった。

2017年8月20日 (日)

適うこと

 「平均より長く幅広く高さがあり、全体的に外側に傾いており、左右に差がある。」これは私の足についての測定結果である。この結果、私の足にフィットする、既製品の靴はないということが分かった。どうりで靴選びに苦労する訳だ。
 靴に関して言えば、私は履ければそれで充分というタイプである。私の足は甲高ということは自覚していたので、似合うことを考える前に、履けるかどうかを考えて探してきた。足の長さ(25.5㎝)の靴でも甲高なので大抵履けないので、つい「履ければ何でも良いか」となってしまう。その結果、見た目にも靴がくたびれてきたと思う頃に、やっと「新しい靴を買わなきゃなぁ」と重い腰を上げるのが常であった。先月、二年ぶりに靴を買った。少々窮屈かと思ったが、色も形も気に入ったので「少々窮屈」ではあったが妥協して購入した結果、数回履いて「この靴は長時間履くには耐えられない」という結論に至ってしまった。とはいえ高価な靴、家内に正直に言うことも憚られるので、密かに別の靴を探すことにした。何気なく入ったAというスポーツメーカーの靴屋に入った時、「足型測定をしてみませんか」と勧められた。それが冒頭の結果である。右が左に比べ長さと幅が5㎜長く、甲は左が1㎜高い。その他も左右の数値で同じというものは全くないため、60余年、幸か不幸か私は「妥協の靴」を履き続けていたという結論を得たのであった。
 靴に限らず衣食住、生きていくために必要なものを私たちは探し求める、私に合うものは何かと。だからつい信仰においても同じ心根で向き合ってしまうことがある。私が求め、私に合う信仰をと。12年間の長血で苦しんでいた女性も癒しを求め、イエスの衣に触れることで癒された。彼女は願いが叶えられたのでそのまま立ち去ろうとしたが、イエスは自分から力を取り出した人を探され「あなたの信仰があなたを救った。」と彼女に言われた。(マルコ5章) 彼女の目にイエスが適ったのではなく、イエスの目に彼女が適ったのであり、信仰の行きつくところがここにある。神の思いに自分が適う者とされていることを受け入れられたなら、あるがままで喜んで生きていきなさいと語ってくださる神の声が聞こえてくるのではなかろうか。
 そうそう家内には内緒だが、左右の違いを中敷きで調整してもらった新しい靴を買い、私は今週、休暇を楽しませていただいています。感謝!!

2017年8月13日 (日)

平和

 8月は、私たち日本人には重い月である。核兵器を二度も経験させられた月であり、「八紘一宇」を掲げアジアを侵略した歴史が終わった月であるからだ。その意味で、8月15日は「終戦の日」ではなく、やはり「敗戦の日」であり、戦前の国家主義が破れ、主権在民の国の始まりだからこそ、「平和」を意識しつつ過ごしたいと改めて思う。
 「平和」という言葉でいつも私が思い出すのは、牧師になって最初の教会で一緒に働いてくださったウエンツ宣教師のことである。先生は千葉教会や鹿児島県の阿久根教会などを歴任され、私の最初の任地黒崎・直方教会の宣教師として派遣され、二年間一緒に働いてくださった。穏やかで静かな先生であったが、外国人であることを意識して「私は歩く広告塔」と積極的に地域の人々と交流しておられた。「福音のためなら、わたしはどんなことでもします。それは、わたしが福音に共にあずかる者となるためです。」(1コリ9:23)という聖書の言葉を実践しておられた姿に、私は牧師として大切なことを先生に教えられたと今も思う。もう一つ、鮮やかに思い起こすことがある。写真を撮る時に何げなく人差し指と中指で「ピースサイン」を出した時、物静かな先生が「それは好きではない、戦争に勝利した時のVサインだから」とはっきりおっしゃった。先生は戦争の悲惨さをご存知であったからこそ、「戦いの勝利で得た平和」を望んでおられず、Vサインを拒否されたのだと思う。
 平和はヘブル語で「シャローム」という。もともとは政治的な概念ではなく、「何かが欠如したりそこなわれたりしていない充足状態」をさしており、そこから人間の生のあらゆる領域にわたって真に望ましい状態(例えば、無事・平安・安心・健康・繁栄等)を意味するようになった。預言者たちは平和のない現実の中で平和を真剣に問題として人々に問い、真の平和の実現を待望した。真の平和は、神のさばきと赦しの業によってのみ実現することを、人々に語り告げた。(以上新聖書大辞典より)そしてついに真の平和が実現した、「戦いによってではなく、ロバに乗ってこられた方イエス」によって。だからウエンツ先生も勝利のVサインを「ピース」と言いつつ差し出すことを望まれなかったのだろう。私たちが本当に平和を望み何かの形で表したいなら、静かに胸の前で十字を切ることが相応しいのではなかろうか。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー