« ミッシングワーカー | トップページ

2018年7月 8日 (日)

伝統

 寝不足を抱えながらのW杯観戦。日本チームは16強で終わってしまったが、決勝まで世界最高峰の戦いを楽しみたい。そしてこの時期、イギリスではテニスのウインブルドン大会が始まった。サッカーもテニスも私の好きなスポーツなので、もうしばらく深夜の観戦が続きそうである。
 ところで1877年に始まったウインブルドンテニス大会(以下全英)は、世界で最古のテニス大会であり、グランドスラムと言われる四つの大会の一つである。しかし運営しているのは小さなテニスクラブであって、他の大会のような地域のテニス協会ではない。しかし最も黒字のイベントであり、潤沢なスポンサーにサポートされた大会なのだという。この大会を象徴しているのが、ウェアは全て白で統一することであろう。ただ、最初から白であったのではない。開始当初、テニスは社交の場で行われるスポーツだった。ところがテニスの技術が向上するにつれ動きも大きくなり、看過できない問題が「汗」であった。社交場にはそぐわない「汗滲み」は、「見苦しいもの、不適切で恥ずべきもの」と考えられた結果、白い服を着ることで見苦しいものを目にいれることなく皆がテニスを楽しめるようになったのだという。その後、布地の開発が進み、他の大会ではカラフルなユニフォームが着用されるようになったが、この大会だけは「白」を固辞し、しかも増々厳しく規制される方向なのだという。上着・下着・帽子・バンダナ・靴下・靴(靴底も)も、多少の淵飾りとメーカーのロゴ以外の全てが「白」でなければならない。もはや「白」を固辞するのは、それこそがこの大会の「伝統」だからなのだろう。(以上HP:Hatena Blogより)
 ルーテル教会が大切にしている礼拝式文を保持することは、ルター派の「伝統」でもある。ただし、「式文は神の恵みを伝える手段」ということを伝統としているのであって、その形式や順序を伝統としているのではない。「福音が語られ、キリストの体を分かち合う」ことを、式文を通して体験することが私たちの伝統にほかならない。それは宗教改革から500年続いてきた伝統であって、宗教改革1000年を迎える時にも変わらずに在る「伝統」だ、と私は固く信じて疑わない。式文を用いながら、福音を多くの方が体験してくださるよう祈りたい。
 ウインブルドン大会、白いユニフォームの選手たちのプレーを今夜も楽しもう!

« ミッシングワーカー | トップページ

真間川のほとりで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ミッシングワーカー | トップページ