« 次世代へ繋ぐ | トップページ | 同調行動 »

2018年5月 6日 (日)

かなえば、かなう

 5月2日から4日まで全国総会が行われた。二年に一度開催される総会は、今年28回を数える。ルーテル教会の宣教は1893年に開始されているので、総会が「28回目」というのはおかしいと思われるかもしれないが、第二次大戦中の教会合同(日本基督教団として成立しルーテル教会は第五部に所属)、戦後の教団離脱やルーテル諸教会との合同協議などを経て、現在の日本福音ルーテル教会(東海ルーテル教会とのみ合同)が創立したのが1963年、そして第一回の総会が開かれたのが1964年であったために、今年が数えて28回目となるのである。(ちなみに私は1984年第11回総会から出席しているので、ほぼ三分の二の総会の記憶がある筈だが……。)
 さて、今年の総会では「改定式文曲の承認」の議案説明の役割を担っていたので、事前配布の資料にゆっくり目を通すこともなく出席した。教区常議員として受付の手伝いをしていた時、隣りの北海道特別教区出席者の名簿の中に、帯広教会代議員の名前を見つけた。私が帯広在任中は三種教会(現住堅信会員20人以下)であったので、総会での帯広教会代議員は準議員扱いとなり議決権もなく交通費も支給されないために、出席を見合わせざるを得ない状況であった。いつしか「代議員さんに200人で歌う賛美の声を生で聞かせてあげたい。」というのが私の夢となっていた。「もし出席されたら20数年経て、私の夢が叶うのだなぁ」と思いながら受付に立っていた。
 ラザロが死に悲しみにくれる中でマルタはイエスに会い「あなたが神にお願いになることは何でも神はかなえてくださると、わたしは今でも承知しています」(ヨハネ11:22)と告白した。イエスは「わたしを信じる者はだれも、決して死ぬことはない。このことを信じるか。」(同11:26)と問い返された後、ラザロを生き返らせてくださった。マルタの願いは「主の目にかなう」(王上15:5)ことであったからである。願いは全て叶うのではなく、願いは「主の目に適えば叶う」ことを、聖書の中の信仰者たちを通して知ることができる。
 総会に帯広教会の代議員さんは初めて出席された。「先生、大勢で歌う讃美歌は素晴らしかった!」と感想を述べてくださった。そのひと言は、神様が「改定式文曲協議の準備、ご苦労様」と言ってくださっているかのようであった。「主の目に適えば叶う」ことを、神様はほぼ30年の月日をかけて教えてくださった。

« 次世代へ繋ぐ | トップページ | 同調行動 »

真間川のほとりで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 次世代へ繋ぐ | トップページ | 同調行動 »