« 翻訳 | トップページ | クリスマスツリー »

2017年11月26日 (日)

共に、礼拝する

 今から20数年前、帯広教会に居た頃、カトリック教会を会場に地区の合同礼拝が行われた。帯広には10程の教派の教会があり、牧師会や教職家族会などを一緒に行うことが度々行われており、合同礼拝もその一つであった。カトリック教会を会場にしたその年、私は祝祷の部分を担当することになっていた。そして礼拝の最後、祝福をするために聖壇に向かいながら、「こんな姿をルター先生が見たらどんな気持ちなのだろう」とフト思ったものであった。
 11月23日、カトリック浦上教会で「ルーテル・カトリック合同礼拝」が、1200名余の参加者を得て行われた。この日を迎えるために両教会を代表する方々が労してくださったことが随所に伝わり、詳細な部分まで行き届いた配慮溢れる時間であった。礼拝が終了し後方の出口に向かって歩きながら会衆席に目を転じると、どの方も素敵な笑顔で私たち教職を見送ってくださっているのが見えた。私たち教職はそのまま会堂を出てしまったが、礼拝の終わりが告げられると会堂内に大きな拍手が起こったという。私もそこに居たら、きっと大きな拍手をしたことだろう。
 ところで、この礼拝は「宗教改革500周年という記念の年にカトリック教会とルーテル教会が隔てを超えて行った」という歴史的な出来事であって、神学的にも大きな意味のある礼拝でもあると言えよう。だからこそ、この日の為に時間をかけ丁寧に協議してこられた先生方におかれては、心躍るような喜びをもっての参加(あるいはYou Tube視聴)であったことだろう。もちろん私もその一人・・・と言いたいところだが、正直に言えば「神学的云々」よりも、「共に集う」喜びの方が大きかった。それは恐らく帯広時代の経験、即ち「教派を超えた交わりを頻繁に行っていたことによって、神学的な隔たりについての意識が殆ど無くなっていた」ということがあるのかもしれない。だから、千人を超す方々と「共に、礼拝する」という経験の方が、私の心を躍らせてくれたのではなかろうか。
 礼拝堂に響いた賛美の歌、祈りに合せて唱えられる「アーメン」の声、クリスマスの夜に「天使に天の大軍が加わり神を賛美した」(ルカ2:13)時にもきっとあのように夜空から響いてきたことだろう。そうだ、もう直ぐクリスマス。今年も共に多くの方々と過ごせるクリスマスになるように!

« 翻訳 | トップページ | クリスマスツリー »

真間川のほとりで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 翻訳 | トップページ | クリスマスツリー »