« あなたを知っている | トップページ | 主が開いてくださる »

2017年9月24日 (日)

速やかに

 「神よ、わたしは貧しく、身を屈めています。速やかにわたしを訪れてください。あなたはわたしの助け、わたしの逃れ場。主よ、遅れないでください。」(詩編70編6節)危機に瀕した詩人の叫びである。誰にも危機は訪れる。私たちは誰に「助けて!」と叫んでいるだろうか。
 「台風襲来」と予報を聞いていたものの、さほどの備えもしないままに寝付いた先週日曜日の夜。深夜に激しい風が吹いていたのを夢心地で聞きながら迎えた翌朝、寝ぼけ眼の私だったが、「屋根が壊れた!」という妻の一言で覚醒。「それは大変」と外にでてみると、牧師館の軒の一部が損壊しているのが見えた。地面には破片が落ち、軒天を支えていた金属板の一部がぶら下がったままであった。現状を見て屋根の上が壊れていたのではなかったので少しホッとしたが、そうはいっても早急に修理しないと雨風によって被害が増すことは確実である。休日ではあったが早々に馴染みの工務店に電話すると、「明日、伺います」と返事をいただき、一先ず安心した。ところが、それから間もなくして工務店のご主人が状況を見に来てくださった。「屋根と言われたのが気になって、とにかく様子だけでも見ておこうと思って」と。被害の様子を丹念に見た後、出来るだけ早く手配しますとおっしゃってくださった。「本当にありがたい!」と心から思ったものであった。
 アダムを造られた神は、「人が独りでいるのは良くない。彼に合う助ける者を造ろう」(創世記2章)と言われた。即ち「人は助けを必要とする存在」として造られたのだから、助け手を心しておくことは必定のことなのである。ルターもまた、困った時や誘惑にあった時に対して、「誘惑に襲われたら、仲間を捜しなさい。自分の部屋、家を出て、友人を捜しなさい!誰かと話しなさい!」と忠告してくれている。私たちが助け手を必要とするからであるし、それは神様の御心に適うものなのであって、しかも神は速やかに助けを送ってくださる。詩編の詩人の叫びを、私たちの叫びを、神が聴いておられない筈はないからだ。ただし、その助け手に私たちが気づいているかどうかは別の問題であるが…。
 速やかに来てくださった工務店さんの配慮により、工事に直ちに取り掛かってくださった。その存在があるだけで、どんなに心強いことかと感謝している。

« あなたを知っている | トップページ | 主が開いてくださる »

真間川のほとりで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あなたを知っている | トップページ | 主が開いてくださる »