« AI(人工知能)その2 | トップページ | あるがままを受け入れる »

2017年7月16日 (日)

睡眠負債

 梅雨明け宣言は出されていないものの、雨も降らずに猛暑続きの毎日。梅雨は終わったのではないかと思うのだが……。ともあれ夜になっても暑さのために寝苦しく、睡眠不足が増すばかり。ということで、予定のない日は睡眠不足を解消するための昼寝が日課になっているが、まるで保育園児のようだと思いつつも欠かせない。その結果、また夜が寝苦しくなり、睡眠不足は解消されないという悪循環を繰り返している。「予定のない日に寝溜めしておきたい」と思うのだが、我が家には「ワンコの散歩」という欠かせない定期的行動があるのでそれもままならないが、その一方、年を取れば睡眠時間は少なくていいのだと自らの心を誤魔化す日々。
 不足しているなら、その分をどこかで補えば良いとこれまでは思っていたのだが、「睡眠不足」は積み重なって、日々の生活の質を低下させたり、更には命にかかわる病気のリスクを高めることになるのだという。専門家たちは、蓄積する睡眠不足のことを「睡眠負債」と名付け、対策の必要性を訴えている。
 アメリカの研究チームの実験がある。被験者を徹夜のグループと睡眠6時間のグループに分け、注意力や集中力がどう変化するのかを調べた。徹夜のグループは初日、二日目と成績が急激に下降し脳の働きが衰える。6時間のグループは最初の二日間は殆ど変化がないが、徐々に脳の働きが低下し、二週間後には二晩徹夜したのと同じ状態になったという。しかし6時間のグループの人は脳の衰えを必ずしも自覚していなかったという。睡眠不足が蓄積していても気付かないが、仕事や家事に影響を及ぼしているということになる。がんや認知症のリスクも高める可能性もあるというから、負債を返済することが必要となる。寝だめでの一括返済は無理だが、「今より少し長めに睡眠し、週末も同じ時間帯で寝起きすることを続けること」で返済できるのだという。(NHK.「睡眠負債が危ない」より) 「不足」だと思っていたから余り気にせずにいたが、「負債」と聞いたら何とか返済しなければという気になってくる。先ず寝る時間を1時間早めるかなぁ!!
 主の祈りの中、第五の祈りで「我らの罪を赦したまえ」と祈るが、「罪」とは「負債」のことである。キリストは十字架によって贖い私たちの負債を返済してくださった。負債のない者として、神に仕える人生を歩み続けていきたいものだ。

« AI(人工知能)その2 | トップページ | あるがままを受け入れる »

真間川のほとりで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AI(人工知能)その2 | トップページ | あるがままを受け入れる »