« あるがままを受け入れる | トップページ

2017年7月30日 (日)

口内調味

 青い鳥ホームの学童キャンプに同行してきた。二日目の夜のこと、夕食はカレーライス。子どもたちは3班に分かれて飯盒で米を炊いた。水加減、火加減で炊き上がりに違いが出るので、「どの班のご飯が一番美味しいかコンクール」が行われた。審査員は牧師先生!「苦労して炊いたご飯に優劣をつけろとは」と困惑する私を尻目に、子どもたちは大騒ぎ。やれやれと思いつつも、それぞれの班からカレーライスを受け取り口に入れていく。ご飯の固さに微妙な違いがあるのが分かるが、だからと言って順位を付けるほどの差がある訳ではない。しかし固唾を飲んで発表を待つ子どもたちに何かを言わなければならない・・・う~~ん!!微妙な固さの違いを我が口の中で感じた結果、「固さで言えば2班が一番、でもカレールーを掛けるには少し固い方が良いので1班、だけど年を取った先生には柔らかいのが良いから3班」ということで、「美味しいご飯賞・カレーライス賞・優しい賞」をそれぞれ受賞してコンクールは笑顔の内に終了。やれやれ!!!
 濃い味のおかずをご飯で薄めながら食べるのは、日本人のみが行う食文化なのだという。卵とご飯、焼き魚とご飯、漬物とご飯など、自分の好きなように口の中で調合しながら食べる特有の食べ方で「口内調味」と言うが、このような食べ方、味わい方は欧米人には理解できないという。確かに、一品一品出されるのが西洋料理であって、食べ合わせする料理とは考えにくい。しかし、フルコースを食しつつも、ついご飯替わりのパンと一緒に食べてしまう私の食べ方は、西洋料理のルールから言えばマナー違反なのかもしれないが、口内調味をする日本人だから当たり前と許してもらうしかない。普段は考えもしないけれど、一汁一菜でも豊かな食事と感じさせてくれる口内調味という食べ方を与えられていることは、感謝すべきことではなかろうか。
 「味わい、見よ、主の恵み深さを。いかに幸いなことか、御もとに身を寄せる人は。」(詩編34:9)恵みを味わえと主は言われる。様々な出来事から恵みを見出し味わうことに関して、口内調理をする私たちは特別に秀でてるかもしれない。いや、そうに違いないと信じて歩めば、きっと沢山の恵みを見出せることだろう。

« あるがままを受け入れる | トップページ

真間川のほとりで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あるがままを受け入れる | トップページ