« これも神様の置土産? | トップページ | AI(人工知能) »

2017年6月25日 (日)

雨の日に

 梅雨入りしたものの、雨が少ない今年。このままだと植物の生育や生活用水への影響も心配な事態になるのではないかと危惧されるので、少雨の傾向と予報されている今日、私たち一人ひとりが節水を心掛けねばと思う。そんな風に雨の必要性を理解しつつも、気持ち的には雨の日よりも晴れの日を歓迎してしまう。どんよりとした空が外出する心にブレーキを掛けるし、傘を差すのも手間だし、濡れないように気を付けながら傘を差して歩くのも鬱陶しいと思うからだ。ならば、「雨の日が待ち遠しい」と気持ちを入れ替えられたら鬱陶しさも消えてしまうのだろうけど。
 「濡れんざ」とは福井地方の方言で、「濡れないですよ」という意味なのだという。この言葉をそのまま商品にした傘「ヌレンザ」が、福井県の傘メーカーから販売されている。このメーカーが大切にしたことは「お客様の都合が第一の文化」であり、その結果「①いつも乾いた状態で持ち歩ける、②持ちやすい持ち手」を追求し、「ヌレンザ」という商品を開発した。雨に当たりながらでも水滴を弾いてくれる撥水力とひとふりでほぼ乾いた状態を維持できるようにすることで濡れた傘を電車や店舗内に持ち込まずに済み、高齢者や握力の弱い人でも持ちやすく落としにくい設計になっている。その上、一本一本に「傘のカルテ」があり、万が一修理を必要とした時にも対応できるようにしているのだという。傘一本とはいえ、使い手への暖かい配慮のこもった「ヌレンザ傘」、雨を避けるという機能以上の思いを、その傘は使用する人に与えてくれるのだろうと思う。
 イエスが来られると聞いて、木に登ってその姿を見ていたザアカイ。彼が木に登っていたのは、背が低く群衆に遮られていたからであり、誰も彼を前に入れてくれなかったからであった。さてイエスがその場所に来られた時、上を見上げて「ザアカイ、急いで降りてきなさい。あなたの家に泊まりたい。」と声を掛けられた。ザアカイはどんなに嬉しかっただろう。「財産の半分を貧しい人々に施します」という告白からも分かる。イエスの心配りが、一人の罪人を素晴らしい人生へと招き入れたのである。(ルカ19:1以下)
 「傘は使い捨て」とビニール傘を気楽に使っている私だけど、「ヌレンザ傘」のような心籠った傘を持ったなら、雨の日も待ち遠しくなるのではなかろうか。

« これも神様の置土産? | トップページ | AI(人工知能) »

真間川のほとりで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« これも神様の置土産? | トップページ | AI(人工知能) »