« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月25日 (日)

雨の日に

 梅雨入りしたものの、雨が少ない今年。このままだと植物の生育や生活用水への影響も心配な事態になるのではないかと危惧されるので、少雨の傾向と予報されている今日、私たち一人ひとりが節水を心掛けねばと思う。そんな風に雨の必要性を理解しつつも、気持ち的には雨の日よりも晴れの日を歓迎してしまう。どんよりとした空が外出する心にブレーキを掛けるし、傘を差すのも手間だし、濡れないように気を付けながら傘を差して歩くのも鬱陶しいと思うからだ。ならば、「雨の日が待ち遠しい」と気持ちを入れ替えられたら鬱陶しさも消えてしまうのだろうけど。
 「濡れんざ」とは福井地方の方言で、「濡れないですよ」という意味なのだという。この言葉をそのまま商品にした傘「ヌレンザ」が、福井県の傘メーカーから販売されている。このメーカーが大切にしたことは「お客様の都合が第一の文化」であり、その結果「①いつも乾いた状態で持ち歩ける、②持ちやすい持ち手」を追求し、「ヌレンザ」という商品を開発した。雨に当たりながらでも水滴を弾いてくれる撥水力とひとふりでほぼ乾いた状態を維持できるようにすることで濡れた傘を電車や店舗内に持ち込まずに済み、高齢者や握力の弱い人でも持ちやすく落としにくい設計になっている。その上、一本一本に「傘のカルテ」があり、万が一修理を必要とした時にも対応できるようにしているのだという。傘一本とはいえ、使い手への暖かい配慮のこもった「ヌレンザ傘」、雨を避けるという機能以上の思いを、その傘は使用する人に与えてくれるのだろうと思う。
 イエスが来られると聞いて、木に登ってその姿を見ていたザアカイ。彼が木に登っていたのは、背が低く群衆に遮られていたからであり、誰も彼を前に入れてくれなかったからであった。さてイエスがその場所に来られた時、上を見上げて「ザアカイ、急いで降りてきなさい。あなたの家に泊まりたい。」と声を掛けられた。ザアカイはどんなに嬉しかっただろう。「財産の半分を貧しい人々に施します」という告白からも分かる。イエスの心配りが、一人の罪人を素晴らしい人生へと招き入れたのである。(ルカ19:1以下)
 「傘は使い捨て」とビニール傘を気楽に使っている私だけど、「ヌレンザ傘」のような心籠った傘を持ったなら、雨の日も待ち遠しくなるのではなかろうか。

2017年6月18日 (日)

これも神様の置土産?

 神はどのような方であるかについて代表的な言い方に、次のような言葉がある。「憐れみ深く恵みに富む神、忍耐強く、慈しみとまことに満ち、幾千代にも及ぶ慈しみを守り、罪と背きと過ちを赦す。」(出エジ34:6-7)この中の「忍耐強く」という言葉は、口語訳では「怒ること遅く」と訳されていた。個人的には口語訳の言葉の方が的を射ていると思う。何故なら、この言葉の後には「しかし罰すべき者を罰せずにはおかず、父祖の罪を、子、孫に三代、四代までも問う者。」と続いており、「神の怒り」に中心があると思われるからだ。同様に人間もまた「怒る」存在であり、「怒り」をコントロールできるかどうかは大切なことである。
 「脳の中には異なる時間や場所での記憶を互いに結びつける細胞の働きがある。『怒り』という感情を伴った記憶は同じ脳細胞の中にしまわれているため、何かの弾みでこの細胞が働き連鎖的に怒りを思い出してしまう」という。これは富山大学の井ノ口馨教授が発表した内容だが、「記憶を互いに結びつける細胞」が存在するから、怒りも増幅してしまうということになる。このことからすれば、「結びつける細胞」は、「不安・喜び・悲しみ」といった感情を様々な記憶の中から引出し結び付けることにより、豊かな感性の人にさせてれくれるものであり、目に見えず気づきもしなかったけれど、神様がより豊かな人間になるために与えてくださった「置き土産」だったのではないか。
 聖書にも「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。」(1テサロ5:16~18)と語られているが、この場合の「いつも・絶えず・どんなこと」を可能にするのが「結びつける細胞」ということになろうか。そしてこの細胞が働くように神様が送ってくださったものがある。即ち「助け主=聖霊」である。結びつける細胞、そして聖霊も神様がくださったもの、まさに「神様の置き土産」なのだから、意識して私たちが受け入れるなら、豊かな日々になるのでは!
 怒りをなだめるポイントは「徹底的によりそって話を聞く」「怒りの矛先をそらす」「『優しい』などとほめる」などだという。更に研究で「血糖値が下がると人は怒りやすくなるのだ」ということも分かってきている。飴玉差し出し、「どうしたの」と聞いてあげたら、あの人の怒りも少しは治まるかもしれない。

2017年6月11日 (日)

神様の置土産

 私が虫垂炎を患ったのは神学大学1年の時、9月に行われる「一日神学校」の前日だった。急にミゾオチが痛み出し、近所の病院に駆け込んだら「虫垂炎」と診断され、即入院手術となり、翌々日には退院し寮に戻ってきた。「大事な時に、あろうことか虫垂炎とは」と思う一方、「あってもなくても良いような臓器、この機に取れたのだから良しとしよう」と思ったものだった。
 私は素人だからつい「盲腸(虫垂)はあってもなくても良い臓器」と表現してしまったが、「盲腸の機能は良く分かっていない」ということが正確な表現だろう。人間は身体の全てを解明している訳ではないし、仕組みや働きには未だ未だ未知な部分が多くある。医学は確かに進歩しているが、「進歩は未知なことの発見」に繋がっているのではないだろうかと思う。そのようなことのひとつに、「内臓動脈」という血管がある。
 5年ほど前、天皇の冠動脈バイパス手術が行われた際に用いられたのが内蔵動脈であった。胸骨の裏側に縦に走っている血管がそれで、はがしてもその後の人体への影響はないと言われている動脈なのだという。だから冠動脈が詰まった時に替わりの血管として使えることが分かり、天皇の手術の際もこの動脈が使われてバイパス手術が行われたである。医学者の間ではこの内蔵動脈を「神様の置土産」と称されているのだという。「神様が、もし人類がはからずも長生きできるようになり、冠動脈が詰まる事態になった時、気がつくかどうかのクイズを出した、と勘ぐりたくなるようなもの」と、ある医者は記していた。未知なる機能が私たちの身体には沢山あること、だからこそ謙「神様の置き土産」と謙虚に受け止めることが、次への進歩に繋がっていくのではないかと思う。
 「わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる。この方は、真理の霊である。」(ヨハネ14:16~17)この言葉は弟子たちに与えてくださった約束であるが、「世は、この霊を見ようとも知ろうともしないので、受け入れることはできない。」とも言われておられる。せっかくの主の「置き土産」である聖霊を感謝して受け取る時に、苦悩の中にあっても先へと歩を進める力がいただけることを、聖書は私たちに告げてくれている。

2017年6月 4日 (日)

みちびき

 カーナビのついた車に乗るようになって、車の中から地図帳が消えた。当然と言えば当然なのだが、だからといってカーナビが絶対正しいと思っている訳ではない。新しい道路や建物は自動的には表記されないし(データー更新が自前で必要)、時折、現在地とは全く異なった所を走っているように表示されることもあるからだ。私のナビが頻繁に行う間違いは、教会から保育園に行く際に、江戸川を走行中のような画面が出ること。慣れているのでさほど気にせず(ナビ画面の上だけだが)江戸川を快適に走行させるものの、知らない土地で誤差があっても気付かずに走行させることになる。そんな誤差が生じるのも、カーナビに情報をもたらす衛星が、四六時中日本上空を飛行している訳ではないからだ
 その誤差を埋めるため、6月1日、「みちびき2号機」という衛星を載せた「H2Aロケット」が打ち上げられ成功した。今年中にあと2機打ち上げられ、誤差を数センチに縮めることを目標にしているのだという。カーナビのデーターは、米軍が軍事目的のために飛行させていた31機の衛星からの情報である。世界中で使用可能となったことから、現在のGPS(全地球測位システム)として活用されるようになったが、へき地やビルの谷間などでは正確な情報を得ることはできなかった。今回の衛星は日本とオーストリア上空を「八の字」に旋回させられ、残りの2機を打ち上げれば、ほぼ日本上空に24時間滞在させられる(一機の日本上空滞在時間は8時間)ようになることから、誤差数センチで情報を提供できるのだという。位置を正確に得られれば、様々な分野での自動化が可能となるだろうし、私の車のカーナビも江戸川を走行しているように表示することもなくなるだろう。その意味で、新しい衛星は、正確な「みちびき」手になると期待される。
 人生のという道程にも「みちびき」があることを私たちは知っている。「神はイスラエルを悔い改めさせ、その罪を赦すために、この方を導き手とし、救い主として、御自分の右に上げられました。」(使徒5:31)この方とはイエス・キリストであり、この方は神の右に挙げられた後、イスラエルのみならず全ての人のために、導き手である聖霊を送ってくださったのである。聖霊の助け、導きをいただいて、私たちは人生という道を安心して辿っていきたい。

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »