« 道案内 | トップページ | みちびき »

2017年5月28日 (日)

聖別する

 先週の日曜日の午後、隣りの小岩教会の献堂式が行われ出席した。小岩教会は保育園を併設しており、一昨年夏から保育園を運営しつつ全面改築工事を開始した。牧師館部分を解体して保育園を新築、その後、礼拝堂と旧園舎を解体。先にできた保育園にくっつけるように礼拝堂(保育園の講堂兼用)と牧師館の工事が行われたと聞いている。私自身が教会の修復工事や法人施設の改築工事の経験があるだけに、工事に関する様々なご苦労に思いを馳せる。解体に伴う振動や騒音、近隣住民への配慮、工事中の園児の安全、教会活動の維持等々、牧師を始め会員の方々の労は多大なものであっただろう。それらの難題を乗り越えて、献堂の日を迎えられたことに心からお祝いを申し上げたい。
 ミニ・コンサートが行われた後、献堂式が行われた。新しい礼拝堂が建てられると行われる式であるが、礼拝堂の入口で祈りがなされ、十字架を先頭に入堂することもある。20数年前、北海道に居た頃、函館教会が建て替えられ新しくなった際、十字架を掲げて入堂する式が行われた。私は遠方だったために出席しなかったが、函館教会の代議員から「偶像崇拝ではないか」と常議員だった私に質問があった。十字架を掲げるという、日頃は目にする光景でなかったことが、そのような質問になったのではないか。「十字架は象徴であると同時に、これから礼拝堂で行われていくことの意味、即ちキリストの贖いと、そのことによってもたらされた罪の赦しの宣言を人々に知らせるために行われた」と説明して納得してもらった。小岩教会の献堂式では、入堂は行われなかったものの、礼拝堂と新しくなった聖卓・説教壇の聖別が、立山総会議長によって執り行われたが、「神に属し、神のために用いられる」ことを表すための大切な式であった。このことはキリスト者一人ひとりにも言えることであり、「神のために、隣人のために私を用いてください」と祈り、聖別された私が「誰かのために私の時間を用いる」日々に招かれていくことに繋がっているのである。
 多くの方々の出席を得て行われた献堂式。新しい出発の瞬間に立ち会えることは嬉しいことである。式を終え私自身も聖別された思いを与えられ、帰途に就いた。

« 道案内 | トップページ | みちびき »

真間川のほとりで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 道案内 | トップページ | みちびき »