« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

解き放つ

 先週、教会の皆様のお許しをいただいて、再度佐賀へ帰ってきた。家に戻る前、姉弟と三人で父の実家である薩摩川内市へ、実家に居る叔母に母の形見分けの品を届けるために、そして祖父母の墓参りをするために姉の車で向かった。目的はもう一つあって、薩摩川内市は私たち姉弟が幼少の頃に住んでいた地であり、私自身は「生まれてから5歳までと中1の春から中2の夏まで」、姉も弟もそれぞれに記憶を辿ってみようという旅であった。二つ違いの姉と弟の記憶は、私と重なることもあれば、三人三様の記憶になっていることもあって楽しい旅となった。
 8年前亡くなった父は長男だったが公務員になり、実家を離れて佐賀に居を構えた。父の代わりに家を継ぎ、墓守をしてくれたのは一番下の娘(叔母)であった。その墓に父が入ることを望まなかったのは、「自分が行わなければならなかった墓守を妹がしてくれている」という負い目があったからだろうと私は思っていた。しかし今回墓参りをして、父の思いは違うところにあったことに気付かされた。それは、「私たち子どもが墓守の苦労をしないように、自分はその墓に入らないと決めたのではないか」ということであった。田舎の墓は、墓地に身を寄せ合うように墓石が建てられている。地域の人々は、どの墓石がどの家のものと瞬時に見分けられる。手入れしているかどうかも直ぐに分かるし、何かあれば共同で負担し維持しなければならない。薩摩川内市から遠く離れた地に居住し、簡単に帰省できない私たちに、「墓守の負担は掛けられない」というのが父の本音だったと推測するのは容易なことだった。父が意を決して下してくれた決断によって私たちは「古い縄目から解き放たれた」ということに気付かされたのであった。
 「新しいぶどう酒は、新しい革袋に入れるものだ。そうすれば、両方とも長もちする。」(マタイ9:17)イエスは古いものを破棄して新しいものを作られたのではなく、古いものを活かすために新しいものを用意する必要を知っておられた。そのことによって人々は「新しい救い=十字架による罪からの解放と救い」を得ることができたのである。古き良きものを大切にしつつも、縄目となるものから解き放たれることによって、み言は常に輝きを増していくことだろう。
 母の死で実家は無くなったが、子を想う父の気持ちを私も我が子に伝えたい。

2017年4月23日 (日)

メカニズム

 米カリフォルニア大学バークレー校の機械工学の研究者が、「靴紐がなぜ突然ほどけるか」という謎を解明したというが、きっかけは三年前、幼い娘に靴ひもをちゃんと結ぶよう教えたけれども、何度教えてもひもがほどけることに気付いたからだった。いろいろ調べたが、ひもの結び方については説明されていても、ほどける理由について説明したものは無かったので、二人の大学院生とこの謎に取り組んだ。その結果、着地した時にかかる重力で結び目がゆるみ、足を前後に動かした時にかかる紐への遠心力が働いて、どんなに堅く結んだひももほどけてしまうのだが、メカニズムは発見したものの、結び目の強度を力学的に表す「魔法の数式」を発見するにはいたっていないという。この研究者が「魔法の数式」を解明しようとしているかどうかは知らないが、素人には「だからどうなの?」としか思えないこの発見が、いつか大きな事に繋がっていく・・・のだろうか?
 様々な事象のメカニズムを解明することで、人類は進歩を遂げてきたと思う。色々な病気にも研究者の地道な努力によって克服されてきたし、生活も楽になってきている。その一方、解明することが必ずしも人類の幸福に繋がらないということは、原子力発電や核開発が教えてくれてもこいる。問われていることは、その研究が人類の繁栄と平和のためであるかどうかということと、その研究を行う者や用いる者に良心が働いているかどうかだろう。そのために今も多くの方が、様々な「不思議のメカニズム」を解明し、人類の幸福のために働いてくださっていることに感謝したい。
 「『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』これが最も重要な第一の掟である。第二も、これと同じように重要である。『隣人を自分のように愛しなさい。』律法全体と預言者は、この二つの掟に基づいている。」(マタイ22:37~40) 旧約の時代の人々は、人間には神が必要であることを知っていた。イエスは更に神と人を愛することこそが、人として生きるための大切なメカニズムなのだと二つの掟を語られたのである。それを受け入れた時に信仰が生まれ、信仰のメカニズムの中で生きる時に、私たちは「苦しみに耐えることができる」(Ⅱコリ1:6)のである。

2017年4月16日 (日)

伝える

 シリアが化学兵器を使用したと断定した米軍は、シリアの空軍基地に向かって多数の巡航ミサイルによって攻撃した。そしてこれを日本の指導者は、いち早く支持の表明を行った。浅はかな行為の連鎖と見えて仕方ない。どのような化学兵器が誰によって使用されたのかを断定するための確証はあるのだろうか。人権が侵害されたと非難しつつ反撃をすることは、本当に人権擁護の姿勢なのか。米国の発表を支持するために独自の調査を我が国は行ったのだろうか。大国米国の情報を鵜呑みにし、追従しているだけではないのか。次々と疑問が湧いて仕方ない。
 2003年のイラク戦争と同じ状況だとある評論家は言う。イラクに大量破壊兵器が見つかり、クウェートでは住民への虐殺や略奪がなされている。そして決定的な一人の少女の証言が伝えられ、米国はイラクへの攻撃を開始した。当時の大統領も度々引用した証言は「ボランティアをしていた病院にイラク兵がやってきて、保育器から新生児を取り出し床に放置し死なせ、保育器は奪い取っていった。」というのもであった。しかし戦争終結後、イラクから大量兵器は見つからず情報はアメリカの諜報機関のねつ造であったこと、少女はクウェート駐米大使の娘で偽の証言であったことも発覚している。第二次大戦中、ウソで塗り固められた大本営発表を信じ込まされた歴史を知っている我が国なのに、あの教訓を活かすことなく再び真偽が明確でない情報によって方針を決めてしまうというのでは、余りにも無策としか思えない。伝えられていることの確かさは、自分たちで確証する姿勢が必要ではなかろうか。
 週の初めの日、イエスが葬られた墓が空になっていることを告げられたペトロともう一人の弟子は、墓に確かめに走った。墓は空になっており、イエスの死体は確かにどこにもなかったが、復活したイエスが閉じこもっていた彼らに会いに来てくださった。彼らの喜びは大きく、その後の自らの人生を捧げることとなったが、それは教会を作るためではなく、聖書という書物を書き記すためでもなく、彼らが確かめた「キリストの福音」を伝えるためであったことはいうまでもない。
 私たちは地上に降りて働かれたイエスに出会うことは出来ないが、聖書に記され弟子たちが見聞きし確認したキリストの出来事を私たちも伝えている、今もそしてこれからも。

2017年4月 9日 (日)

私たちの本国は・・

 「人は簡単には死ねない」、と母が亡くなって思う。母が生きていた証が様々な所に残っており、法的にも「この国にからいなくなった」ということを証明する作業を続けてきた。そのためには「母がこの国の住民であったことの証明」が必要とされるが、その手続きをする者(私たち兄弟)が、手続きする権利を有する者であること(母と親族であったこと)の証明も必要となってくる。それには「戸籍謄本」が何より事実を証明してくれるのだから、本籍地へ申請し取り寄せなければならない。幸い私の本籍は両親と同じところにあるので、私の謄本と同時に取り寄せると面倒な書類も必要ないことが判り、ほぼ1週間で取り寄せることができた。そして書類を取り寄せ、車で実家に向かったのが先週の月曜日。母が亡くなった後も姉と弟は実家に残って作業してくれており、「謄本」さえ揃えば諸手続きは終了するというところまで整えてくれていた。そして私が持参した「戸籍謄本(全部記載の謄本も含む)」をもって役所に向かった。役所では死亡による年金の終了、「保険証」と「マイナンバー」の返却手続きを行った。順番待ちしながら弟がポツリと「これで終わった」と漏らす言葉を聞いて、手続きの大変さを思った。死そのものは瞬時に人を襲うが、人が生きてきた痕跡を公的に無くすには大変な労力を必要とする。まさに「人は簡単には死ねない」ことを実感する。同時に死亡に伴う手続きは、その人が生きていた痕跡を消す作業なのだと思うと、無性に寂しくなってしまった。
 数日滞在し必要な手続きを終え、私は母と父の遺骨を車に乗せて帰宅した。両親が約50年住んだ佐賀の地であるが、親類縁者もそして葬る墓もないために、両親の遺骨は私たち夫婦と同じ東教区の小平墓地と決めたからである。弟や姉の子どもたちも近くに住んでおり、「お墓参り」できる距離ということもあるし、母が「お墓はあなたたちの近くにしてくれたら良い」と言葉を遺してくれたからである。
 「わたしたちの本国は天にあります。」(フィリピ3:20)お墓は遺された者たちが心を寄せる場所であるが、そこに死者がいる訳ではない。天国に場所が備えられているからである。それでも遺された者たちが墓に集うことは大切である。自らの地上の歩みを主と共に喜びの内に進めることを心に誓う場所でもあるからである。
 母が生きた証は法的には無くなったが、私の胸の中にしっかりと残っている。

2017年4月 2日 (日)

帰る場所

 3月23日午前6時頃、私の母が亡くなった。89歳であった。その日、朝から千葉の会議に出席していた。昼前、携帯にメール着信の音があったが会議を続け、しばらくして休憩に入ったのでメールを確認した。弟からであった。「兄さんへ、姉さんよりお母さんがなくなったと連絡ありました。」目に入った文章の意味が良く分からず、席をたって廊下で見直した。「亡くなった」という文意は理解したが、頭の中が真っ白になり思考が一瞬停止したような状態になった。少し気を落ち着かせ、弟に連絡すると、「朝方、近所の方が声を掛けてくださったが返事がないので中に入ってみると、床の間で吐血して倒れていた。医者を呼んだが、既に息を引き取っていて亡くなったことが確認された。」ということであった。
 急遽実家に帰宅し、姉から詳細な状況を聞いた。三日前に来た時は、少し弱っていたものの元気だったこと、吐血は居間とトイレにもあったこと、発見した方が体に触れると未だ温もりがあったこと、検視のために警察が来て調べたこと、死因は消化器からの多量な出血による窒息死であること等を知らされた。兄弟三人で相談し、葬儀は翌日早朝、私が司式して家族だけで行うことを決めた。翌朝の葬儀には聞きつけた近所の方二十名弱の方が参列してくださり、生前の母の日常の一部を垣間見ることができた。地上の最後の営みをしてあげたことが、親不孝な私にはせめてもの慰めとなった。
 火葬後に弟が「この家が無くなると、なかなか会えなくなるね」と一言。父と二 人で建てた家だが、建てた時には私は既に家を出ていた。それでも私にとっては大切な実家。母は父が亡くなってからも一人で住み続け、私たち兄弟の帰りをいつも待ってくれていた。母が亡くなった今、我々兄弟が会える場所も同時に無くなった。
 「狐には穴があり、空の鳥には巣がある。だが、人の子には枕する所もない。」(マタイ8:20)弟子たちに宣教の覚悟を求められた言葉だが、家を失った人々に「枕する所はなくても天にはあなたの住まいがある」とも語ってくださっているのかもしれないと、実家を失おうとする今、そんな言葉が心に聞こえてくる。
 実家は隣家の方が買い取る希望を知らせてくださった。もう私に帰る家はないが、私たち夫婦の家が子どもたちの「帰る場所」になればそれで良いのだと思う。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »