« 小さな心遣い | トップページ | チラシ配り »

2017年2月19日 (日)

あなたは悪くない

 文科省の調査によると、2015年度に学校でいじめと認知された件数は224500件にのぼる。恐らく、認知されなかったいじめも相当の件数があるだろうから、日本の全ての学校でいじめが発生していると予想しうる。私自身の記憶の中にはいじめられた記憶はないが、いじめに近いことをした記憶がある。何年生だったか定かでないが、田舎の小学校では珍しくおしゃれな女の子がクラスにいた。いつの間にか男の子の間で、近寄らない雰囲気が出来上がっていた。どのくらい続いたか忘れたが、記憶の片隅には苦い思い出として残っていた。一昨年、半世紀ぶりに同窓会で再会した折、そのことをさり気なく聞いたところ、「無視されていたなんて記憶にない」とのこと。気遣いで「記憶にない」といってくれたのか、本当にそうだったのかは定かでないが、ホッとしたのは確かなことであった。
 幼い頃にいじめを受けた経験は、大人になっても「いじめ後遺症」に悩む人が多いという。何十年も「接触障害」に苦しめられている人、20年後に突然「対人恐怖症」に陥った人。イギリスの研究では、うつ病に苦しめられたり自殺傾向がいじめられていない人に比べてかなり高いことが明らかになっているし、最近の研究では脳の形や機能にも影響を及ぼす可能性も指摘されている。「自責の念」や「自尊感情を低下させる」からである。そのような人に「気のせいじゃない」「あなたにも悪い所があったんじゃない?」「本当のところはどうなの?」などと声を掛けることでは決して解決しない。専門家に治療を受け、「自分は悪くない」と自尊心を高めてあげることが重要なのだという。(この段落、NHKのHPより)
 ベトザタの池のほとりに38年間病気で苦しんでいた人が居た。水が動くときに真っ先に入れると癒されるといわれているが、「わたしを水に入れてくれる人がいない」ために横たわるしかなかったのである(ヨハネ5章)。12年間も出血のために苦しんできた挙句イエスの袖に触った女性(ルカ8章)、罪の故に群衆の真ん中に連れ出され石を投げつけられようとしていた女性(ヨハネ8章)等、疎外され傷つき苦しんできた人々の心にもいじめ後遺症に似たものがあったかもしれない。イエスがなさったことは、彼らをあるがままに受け入れ、寄り添うことであった。それはまるで、「あなたは悪くないんだよ」と言ってくださっているかのようだっただろう。

« 小さな心遣い | トップページ | チラシ配り »

真間川のほとりで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小さな心遣い | トップページ | チラシ配り »