« 訓練する | トップページ | 愛されて、元気 »

2016年11月27日 (日)

伝える

 「ばいきんあつかいされて、ほうしゃのうだとおもっていつもつらかった。福島の人はいつもいじめられるとおもった。」震災で福島から横浜に避難し、今年中1になる子が小6の時に書いた手記が公表された。いじめは小2で転校した直後から名前に菌を付けて呼ばれるなどのいじめを受けて始め、小5の時には同級生の遊興費を負担させられ、担任・学校・教育委員会に相談したものの対応してもらえなかったという。それでも「いままでなんかいも死のうとおもった。でも、しんさいでいっぱい死んだから、つらいけどぼくはいきるときめた。」と書き綴った。両親は「いじめられても、生きてほしいという気持ちを込めて公表した」と話しているという。本人、そしてご両親の苦悩を思う。いじめられている子どもたちに「生きる」ことを伝えて欲しい。いじめている子どもたちに「いじめている子の辛い気持ち」を伝えて欲しい。そのことを子どもたちに伝えることは私たち大人の責任である。
 教会暦では新しい年の始めアドヴェント(待降節)に入る。キリストの誕生を待ちつつ望みつつ過ごす時であるが、気持ちはもうクリスマス!16年目を迎えたサンタさんも衣装を新調(ペンキ塗り替え)し、枯れたモミの木の代わりを購入、古川姉が寒い中作ってくださったクランツとリースをいつもの場所に飾り私の準備も着々と。でも忘れてはならない。クリスマスは神ご自身が御子として世を救うために来られた時であり、救いの出来事が地の上で見える出来事として現れた時なのだということを。そのことを伝えることは、キリスト者の責務であろう。
 先日、保育園のお誕生会に初めて参加した。その月の誕生の子どもたちを前に、みんなで誕生日の歌が歌われる。「生まれる前から神様に守られてきた友だちの、誕生日です、おめでとう。生まれて今日までみんなから、愛されてきた友だちの、誕生日です、おめでとう。」はにかみながらも嬉しそうな誕生月の子どもたち。この歌の意味は分からないかもしれない。でも「神様に守られ、みんなに愛され」ていることを心に刻んでくれたのではないかと思うと同時に、心に刻まれたそのことを子どもたちが伝えていってくれたなら、「いじめ」もなくなるのではなかろうか。
 今年も迎えるクリスマス、喜びを伝えに出かけて行こう。

« 訓練する | トップページ | 愛されて、元気 »

真間川のほとりで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 訓練する | トップページ | 愛されて、元気 »