« オートファジー | トップページ | 歌 »

2016年10月 9日 (日)

隔たりを越えて

 (ルカ17:11-19,2テモテ2:8-13,列王下5:1-14)
 かつて「らい病」と言われていた皮膚の病があった。現代では「医療や病気への理解が乏しい時代に、その外見や感染への恐怖心などから、患者への過剰な差別が生じた時に使われた呼称」としてハンセン病などと称されることが多い。新共同訳聖書でも「重い皮膚病」と呼称が替わっているが、そのことによって却ってこの病いの深刻な問題が隠されてしまったのではないかと危惧されている。差別は依然として存在するからである。
 ユダヤ人とサマリヤ人の間にも歴然とした差別があった。かつてイスラエルが北と南に分かれた時、北王国は異教徒と融和政策をとり、その結果他教徒との結婚が頻繁であったが、南王国はこれを異教徒化したと非難し、それから北王国に属していたサマリヤの人々と交流することはなくなった。
 日課は病いと民族という二つの背景を抱えた状況の中で語られている。実は5章にも同じ病いの人の癒しがあるが、それは純粋に病いの癒しの記事と考えて良い。同じ病いからの癒しであっても、違いをみるとルカが意図していることが分かる。
 違いの第一の点は、10人の人は遠く離れて(40~50m)叫んでおり、イエスに近寄ったのは清くなってからであった。ただし、9人(律法を第一に守ろうとするユダヤ人たちであったと思われる。)は戻ることもなかったようである。第二の点は5章では癒されたことを黙っているようにと言われたが、ここでは賛美して戻ってくるのをイエスはお止めにならなかったということである。20161009
 遠くから叫んだのは、恐らく近寄ってはならないという律法があったからであろうし、戻らなかったのは「清くなってから一週間は確認のために隔離される」(レビ記13~14章)という律法があったからである。彼らは「感謝」よりも規定に従うことを選んだのであり、同時にサマリヤ人と共に生きることではなく、彼と離れてユダヤ人として厳格に生きることを選んだということにほかならない。癒された喜びはあっただろうが、それ以上に清くなったのに直ぐに動くことで、再び罪人とされることを恐れた彼らは、その意味で本当には解放されていないと言っても過言ではない。一方サマリヤ人はその律法を越えることによって(自由な振る舞いによって)、病いだけでなく罪からも解放されたのである。感謝する心は律法を越えたものであり、人が自由とされた時の姿勢ともなるが、律法はそれを妨げようとする力が働くのである。病いがユダヤ人とサマリヤ人隔たり越えさせたが、癒されることで再び隔たりが生じてしまったのである。
 あらゆる隔たりを越える力が信仰にある。信仰によって全ての人が救われることを、神は今も願っておられる。

« オートファジー | トップページ | 歌 »

説教要旨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オートファジー | トップページ | 歌 »