« 目標を設定する | トップページ | 股のぞきをやってみた »

2016年9月25日 (日)

ユーモア

 今年もイグ・ノーベル賞が発表された。1991年に創設され、「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に与えられるもので、もちろんノーベル賞のパロディである。だが単なるパロディーではない。この受賞者の中には、ノーベル賞を受賞した物理学者もいることからもそれが分かる。授賞式はハーバード大学で行われ、旅費と滞在費は自己負担、授賞式の講演では聴衆から笑いをとることが要求されているという。そして今年も先日授賞式が行われたのだが、その中に日本人で関西の大学教授二人の研究も選ばれた。受賞の内容は「股のぞき効果」であった。
 股のぞきで見ると天地が逆さまになるが、直立してみる風景より平らで奥行きがないように見える(という)。そこで90人の人に「股のぞき」をしてもらい実験をしたら、遠くの目印が直立して見るより近くに感じる錯覚の効果が確認できたのだという。このことは逆さまに見える「プリズム眼鏡」を掛けて「股のぞき」をすると立った時と同じ景色なのに近くに感じる錯覚が起きていたことからも実証できたという。ちなみ「股のぞき」の実験に協力を依頼すると、男性は「ようそんなことやっとるな」という顔をするし、女性からは「恥ずかしいのでやりたくない」と言われたという。(朝日新聞9月23日朝刊記事参照)人類に貢献するかどうかは別として、真剣に「股のぞき」の実験を重ねておられる姿を想像するだけで、何かホッとするのは私だけではあるまい。
 洗礼者ヨハネが逮捕されたことを知り、民衆が集まって来た時、「あなたがたは何を見に荒れ野へ行ったのか。風にそよぐ葦か。では、何を見に行ったのか。しなやかな服を着た人か。華やかな衣を着て、ぜいたくに暮らす人なら宮殿にいる。」(ヨハネ7:25~26)とイエスは言われた。恐らく物見遊山で集まっている人々に、「荒野にわざわざ葦でも見に来たのかい?あるいは贅沢な貴族なのかい?それなら宮殿にいるのでは」と親しみを込め、あるいは少々からかいの気持ちで語られたのではないか。そう言われたら民衆も苦笑するしかなかっただろう。そんなユーモアがイエスの周囲にはいつも漂っていたことを、視点を変えると福音書の随所に見られる。
 ユーモアは平和をもたらす最強の武器なのかもしれない。

« 目標を設定する | トップページ | 股のぞきをやってみた »

真間川のほとりで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 目標を設定する | トップページ | 股のぞきをやってみた »