« はかなさと・・・ | トップページ | ここに居る »

2016年7月31日 (日)

願い、受け付け中

 (ルカ11:1-13,コロサイ2:6-15,創世記18:16-33)
 ルカには重要な要素として祈りがある。洗礼に於いて(3:21)、12人を選ぶ前に(6:12)、受難の初めての予言の前に(9:18)、変容に際して(9:28)など。祈りは訓練であり、単なる感情の発露としてではなく、教えられ経験し続けることなのである。
 日課は主の祈りである。讃美を内容とする二つの願いと祈る者たちへの配慮を求めた三つの願いがあり、共同体の祈りともいえる。
 第一の願いは神の国あるいは神の支配の到来の願いである。十戒の第一戒に通じるものであり、神を神とし、だから神が支配することを求めるのである。その上で自分自身を何にもまして神に委ねられるようにと願うのであるが、無責任になれというのでは決してない。第二の願いは御国の到来の願いであり、終末論的祈りともいえる。
 配慮を求めた願いの第一は、神の国の到来の際に天から送られる糧を求めつつ、同時に日々の糧の供給を願うものである。弟子たちを宣教に派遣される際(ルカ10:4~7)、余分なものは持たずに宣教の旅に送り出し、他人のもてなしに頼ることを命じられたが、それこそが神が養ってくださるということを弟子たちが体現することだからであった。
 第二は、自分に負い目(借金と訳すこともできる)のある人をみな赦すから、自分の罪を赦すようにと神に祈ることである。理由は、所有するという概念が人を裁いたり、自分で生きようとしてしまうということにつながるからである。
 祈りの最後の試みとは、終末の前の邪悪なものによって与えられる最後の打撃や苦しみを意味しているだろう。これは最初の願い、神の国あるいは神の支配の到来と?がっており、委ね切る心にはいつも試みが邪魔をすることを教えているのである。
20160731  祈りを教え、真夜中の友人のたとえと続く。真夜中でも友人のところに頼みに行って良いというのではない。圧力に屈して要求に応じる友人に神を比べているのでもない。我々に神の国を与えようと願う神は、どんなにより大きく応えてくださるかということにほかならない。
 「求めなさい、願いなさい」と神は言ってくださるのだから、心からの願いを神に届けたいと思う。その時に神は、聖霊を通して道を与えてるださるのだ。神様は今日も明日も明後日も、「願い、受け付け中」である。神を受け入れ安心して日々の歩みを続けよう。

« はかなさと・・・ | トップページ | ここに居る »

説教要旨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« はかなさと・・・ | トップページ | ここに居る »