« 地震に関する議長書簡 | トップページ | 想定外とは »

2016年4月24日 (日)

地震被害に対する対策方針

 教会本部より地震被害に対する対策方針をお知らせします。(総会議長発信)
 「熊本地方を中心に相次ぎ発生する地震による影響を案じつつ、主の平安と慰めが豊かに注がれますようにと祈りを合わせてくださっていることを感謝します。日本福音ルーテル教会の対策会議を開催しました。4月18日から熊本に入った事務局長の現地報告をもとに以下の方針を決定しましたので、皆様にご理解とご協力をお願いします。 
 【熊本地震支援活動】熊本全域のルーテル教会、福祉施設、学校、幼稚園・保育園、そして信徒の方々の暮らしと建物に深刻な影響が出ています。しかし、被災地域の中でありながらも、14 日の地震発生当日より、様々な相互の支え合いが展開されています。これらを支援するために、16日に九州教区が設立した「九州教区対策本部」により、熊本で展開される働きを支える体制が組まれました。昨日21日の時点では、以下の活動を支援の準備を進めています。①物資輸送:熊本地域以外からの不足物資の調達、輸送~配布。②避難所支援(対象避難所:健軍教会、広安愛児園、熊本ライトハウス)※「わかちあいプロジェクト」とパートナーを組み、同避難所内に拠点を置いてまずは2か月間の炊き出し活動等を展開してゆきます。③地域支援(在宅の高齢者、自主避難の方など)※順次、今後の取り組みと予定します。④片付け支援(人的ボランティアの受け入れ含む):各住居の片づけ等のお手伝い等。 ⑤精神的ケア支援、(大江教会で行われている活動をはじめにして)※態勢を調整進行中ですので、上記の詳細に関しては、近日の「九州教区対策本部」(本部長:岩切雄太牧師)からの発表をお持ちください。現状はJELC-HPからご覧いただけます。」
 熊本には5つの教会があり、健軍教会以外は亀裂や壁の崩落がある。特に神水教会は会堂の使用が不可能という状況だという。また学校や施設にも建物被害があり、九州ルーテル学院(旧九州女学院)は本館の煙突が崩落し壁にもかなりの被害があるという。これからしばらく礼拝堂に募金箱を設置し、支援していきたい。
 南阿蘇村で行方不明になっている方の内のおひとりは、内海望牧師の義弟である。久留米教会の会員で、私も随分お世話になった。ご家族のためにお祈りを。

« 地震に関する議長書簡 | トップページ | 想定外とは »

真間川のほとりで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 地震に関する議長書簡 | トップページ | 想定外とは »