« 備える | トップページ | 牧師館屋根補修工事 »

2016年2月28日 (日)

休眠打破

 「今年の東京の桜の開花は3月25日頃になる」と気象協会の予報が出された。1月半ば頃から少し寒くなったとはいえ、暖冬傾向であったこの冬。素人の私は、今年の桜は3月上旬、いや2月末には咲いてしまうのではないかと思ったのだが、ほぼ例年通りの開花日になるらしい、自然とは不思議なものだ。
 暖冬でも、いや暖冬だと桜の開花に必要なある自然の働きがなされずに、たとえ春先が暖かくても開花は遅れるのだという。「桜は夏に翌春咲く花芽を形成する。いったん休眠に入った花芽が、冬に一定期間低温にさらされ休眠から目覚める。これを休眠打破といい、その後の気温上昇と共に花芽は成長して開花に至る。」(知恵蔵2015のHPより)だから今年のように暖冬だと、花芽をトントン叩いて起こしてくれる休眠打破がなく、暖かくなっても「咲いて良いのかなぁ~~」と桜の花芽が悩んで遅くなるということらしい。自然とは不思議ではなく、実に素直なものだった。
 休眠打破は桜だけに起こるのではない。例えば「土中にあって芽の出ない種子が特定の条件の中で特定の温度に遭遇すると発芽する」のも休眠打破といい、様々な種子や球根で起こる現象である。この休眠打破の特性は現在では様々な植物で利用されているのだという。自然のなりわいを変えることが出来ない人間には、自然の特性を利用させていただくという謙虚な姿勢をもって共生することがベストということか。
 「ところが、サウロが旅をしてダマスコに近づいたとき、突然、天からの光が彼の周りを照らした。サウロは地に倒れ、『サウル、サウル、なぜ、わたしを迫害するのか』と呼びかける声を聞いた。」 (使徒9:3~5)この後、パウロは目にうろこのようなものがついて見えなくなり、三日後にアナニアに会い、うろこのようなものは落ちるのだが、パウロの出来事はまさに休眠打破と言える、彼の中に眠っていた「キリストを信じる心」を、主ご自身が起こしてくださったのだから。預言者エレミヤの場合は「母の胎から生まれる前にわたしはあなたを聖別し諸国民の預言者として立てた」(エレミヤ1:5) とはっきりと告げられ、元々あったものを神が起こされたがゆえに預言者として立っていったのだと記されている。私たちの信仰が休眠しているなら、聖霊に打破していただけるように祈っていきたい。

« 備える | トップページ | 牧師館屋根補修工事 »

真間川のほとりで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 備える | トップページ | 牧師館屋根補修工事 »