« 断水 | トップページ | 縁起 »

2016年1月31日 (日)

いやしの力

 (ルカ6:17-26,1コリント12:27-13:13,エレミヤ17:5-8)
 今日は「JELC宣教の日」である。アメリカから最初の宣教師シェラー牧師が横浜に入港したのが189年2月25日であり、それを覚えて「宣教の日」と定めている。NHKの朝のドラマが放映されているが、その舞台設定が同じ時代である。ドラマの主人公は大阪の実業家広岡浅子氏をモデルとしており、1849年から1919年の生涯を送り、60才の時には宮川経輝牧師より受洗し、日本女子大を設立した。その人と同じ時代に、アメリカの宣教師たちは日本に来て、私たちの教会の礎を築いてくれたのである。
 シェラー牧師たちは、どんなことがあって日本にいこうと決心したのだろうか。日本に向かう1か月近くの船の中で、何を考えていたのだろうかと思うのだが、もちろん知る由もない。ただ彼らは、。船の中で約一ヶ月、聖書を読みながら、船から降りて大勢の人々のことを想ったかもしれない。勿論、直ぐにイエスのことを受け入れられるとは思っていないだろうが、やがては今日の日課にあるように大勢の人々が集まってくるその風景のようになればと思ったのではないだろうか。
 大勢の人にイエスは「貧しい人々は、幸い。と」語られるが、目を上げ弟子たちを見てと聖書に記されている。恐らくイエスが座って話しておられ、弟子たちがイエスを立って囲むようにしていたのかもしれない。しかしそれは貧しい人々、即ち縮こまっている人々が天上の世界を見上げ、胸を張って生きるようにというメッセージであるのかもしれない。
20160131_3  「貧しい人は幸い」といわれているが、それは「主に従う人は貧しいことがない」ではなく、「神のためにすべてを捨てた貧しい人々は幸い」ということである。パウロは「悲しんでいるようで、常に喜び、物乞いのようで、多くの人を富ませ、無一物のようで、すべてを所有しています。」(Ⅱコリ6:10)と語っているが、泣く人は、神の王国で新しい家族を与えられ喜び笑うようになるということにほかならない。
 
 今日「JELC宣教の日」に総会を行う。神の言葉を実現していきたい。      (写真は前日の第五土曜コンサート演奏者)

« 断水 | トップページ | 縁起 »

説教要旨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 断水 | トップページ | 縁起 »