« 陽だまり | トップページ | データを読む »

2016年1月 3日 (日)

導きを信じて

(マタイ2:1-12,エフェソ3:1-12,イザヤ60:1-6)
 新年の挨拶状を頂く。喪中の挨拶も昨年末に何人かから頂いた。キリスト教は喜びの宗教だから、「喪中にて欠礼」ということはあり得ないという人もいるが、人として悲しいものは悲しいのであり、それを表すことは周囲に気を遣う表現と思える。その上で、「喪中欠礼」もあるが、「いつものように生きる」ということも許されるのではないか。
 クリスマスの出来事を知らせたのは、マタイによれば東の方からきた占星術の博士たちである。東の国とはユダヤの人々が捕えられた国で、ユダヤ人にはなじまない占星術の学者である。俗っぽい言い方をすれば「ユダヤの人々がけしからぬ国と退けていた国の、たかが星占いの連中」ということになる。それが事実かどうかということよりも、敢えてマタイが彼らを登場させたのはなぜかを考えたい。
 「賢者の井戸」というクリスマスの話がある。干上がりそうな井戸がある。そこにラクダに乗った3人の立派な人が隊商を引き連れてやってきた。彼らはかつて東の国の博士であったが貧しく、寄り添い生きるしかなかった。ある日遠くの空に星が輝くのをみた。特別なことが起こったことを彼らは悟り、出かけて行く。「偉大な王が産まれ、自分たちがそのことを知らせたら、きっとご褒美がもらえるに違いない。もうみじめな生活からは解放される」と話し合う。星に導かれてやって来た町で「お城はどこか、立派なお屋敷は?」と探すが見当たらず、星は道端の岩屋の上に止まる。「そんなはずはない」と彼らはその家に入ることなく立ち去る。更に星を探すが見つからない。悲しみと落胆の中、井戸にやってくる。その時には神様も彼らを赦してくださっており、井戸の中をのぞき込むとそこに星が映っていた。再び星をに導かれ岩屋の赤ん坊に跪く。その子は彼らの頭に手を置き祝福すると、彼ら栄誉にみたされ、それぞれの国で王になった。彼らは井戸にお礼をしなかったが、謙虚さを思い出させてくれた井戸に、今、再びたくさんの水をラクダに運ばせてお礼に来たのである。
20160103  最初に岩屋をみて立ち去った時の彼らは、導かれて来たにも関わらず神をも自分の思い通りにしようという存在であったが、神は彼らを見捨てず再び導いてくださった。悔い改め導きを信じ、自分のもっているものを主に委ねる生き方へと変えられていった。マタイの描く博士たちも、自分たちの生計を成り立たせているものを捧げたのである。導きを信じ新しい年を歩んでいこう。

« 陽だまり | トップページ | データを読む »

説教要旨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 陽だまり | トップページ | データを読む »