« お願いする | トップページ | 不在配達 »

2015年11月29日 (日)

心躍らせる出来事

 (ルカ19:28-40,Ⅱテサロニケ3:6-13,エレミヤ33:14-16)
 クリスマスの時を迎えた。しかし一般にはクリスマスのことは知らずに、楽しいイベントとして過ごしている。ただ、「クリスマスイベント」は、行う人が主人公になるが、私たちが伝えたいクリスマスは、自分が主人公になるのではなく、自分の主をお迎えする時だということである。
 福音書の日課の前にはザアカイの話があり、ムナのたとえがある。そしてエルサレムへ向かわれるのである。エリコからエルサレムへは約6時間の道のりであり、イエスは先に立って進まれたとある。予告されていたエルサレムへ向かう道であるが、まさに主が来てくださることを告げる箇所である。
 私の主となる方をお迎えすると冒頭に述べたが、決して奴隷となるというのではなく、私のすべてを委ねるてその方に従う生き方を選ぶということである。
 イエスはエルサレムに向かって、先に立って進まれたというのがルカ福音書であるが、マタイ・マルコでは、エルサレムは最終目的ではないような印象がる。ガリラヤで自分に会うと言っておられるからである。ルカにおいては、エルサレムは最終目的地であり、弟子たちは聖霊を受けるまでそこに留まることになっている。弟子たちにとっても同じでエアっただろうし、そこで「王となられる所」だと意気込んでいたのではないだろうか。
 さて、オリーブ山は都から東へ3.2キロである。終末的な意味を持つ場所だが、ルカにはその雰囲気はない。ロバを手に入れたのは、あらかじめ計画していたのではなく、神の知恵によって事をなしたということを私たちに理解させようとしているのだろう。神聖な仕事のために、それ以前には他の仕事に使われたことのなかった動物が使われた。これからの仕事は、神聖なこと、神に関わることということを伝えようとしているのである。
20151129  弟子たちは子ろばを手に入れ、イエスをその上に乗せ、主の名によって来たと叫んだが、群衆の大歓声はここにはない。彼らは気まぐれな群衆(やがては死刑にした群衆)ではないのだ。またダビデやその王位とは無関係で、平和の王であると伝えたいのである。それは極めて利己的に、「王と呼んで、ローマ人を怒らせるようなことをするな」というファリサイ派の人々とは異なっているのである。エルサレムの人々には、心を騒がせることであったが、それは主を迎え入れないからである。しかし主が来られるという出来事を迎え入れられるなら、日々の歩みが平安の内に進められるに違いない。

« お願いする | トップページ | 不在配達 »

説教要旨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お願いする | トップページ | 不在配達 »