« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月27日 (日)

すれ違う悲しみ

(マルコ9:30-37,ヤコブ4:1-10,エレミヤ11:18-20)
 今日の福音書の日課はイエスご自身が二度目の受難の予告をされた箇所である。最初の予告と比べると、「長老、祭司長、律法学者」というサンヘドリン(最高法院)を構成するメンバーへの言及はなくなる。何故書かなかったのだろうか。今日の箇所の前後をみてみると、主の変貌の出来事があり、更に悪霊を追い出せない弟子たちが描かれる。予告の後には、理解しないままに、誰が偉いかを密かに話している弟子たちがいる。つまり、イエスはご自身の受難について話しておられるのに、弟子たちは全く理解しないし、耳を貸そうともしていないことが分かる。つまり、この予告は、弟子たちに向けられているのである。換言すれば、マルコは弟子たちの無理解を強調しているといえる。「十字架の出来事は誰によって起こったのか。ほかでもない、あなたたちの無理解が、主を十字架につけたのだ」と
 十字架の出来事は無関心でいてはならないのである。弟子たちの無理解を記すことで、マルコは逆にそのことを伝えようとしているのである。だから、サンヘドリンの構成メンバーではなく、「人々」と書くのである。
 マルコはまた受難の予告だけでなく、「だれが一番偉いのか」という議論をしたことも強調する。また、十字架を担いで歩かれるイエスのもとから逃げ出したマルコは、こうして福音を書き記しながら、自分たちが生前の主にどんな態度で接していたかをしっかりと書き記すことで、主がいかに深い孤独の中で十字架に向かわれたのかを伝えようとしており、また孤独の中で成し遂げられた十字架の出来事、罪の贖いが、自分に深く関わっているのだということを伝えようとしているのである。
20150927_5  十字架の出来事を自分のためにと理解するなら、イエスにどのように従えばよいのだろうか。イエスは「すべての人に仕える者となりなさい」と語り、幼子を真ん中に立たせ、抱き上げられた。弟子たちは直前に「だれが一番偉いか、能力があるかと」議論していた。そんな弟子たちにイエスは幼子を示したのである。当時は律法を守れないからと子どもは半人前としか見られていなかったが、弟子たちの中心に立たせてしかも抱き上げることによって、神の前では弟子たちの価値判断は何の妥当性もないと示されたのである。人は仕えることよりも仕えられることを求めがちだが、イエスはそれを逆転され、価値観の根本的な変革、神の目からみた人間のあるべき姿を示さし、弟子たちの無理解を悲しみつつも、最後まで彼らを(私たちを)慈しみ、十字架を目指されたのである。

法とは

 21日の朝刊に、33年間娘の出生届を出さなかった女性に、戸籍法違反で過料5万円の決定を裁判所が出したという記事が載った。「女性は1980年、夫の暴力から逃れるため、籍を抜かないまま、九州地方から神奈川県内へ移り住んだ。82年に新たな交際相手との間に娘が生まれたが、民法772条に『婚姻中に懐胎した子は夫の子と推定する』との規定があるため出生届を出さなかった。夫との離婚は昨年成立。娘が戸籍がないことに悩んでいたため、今年6月に役所へ出生届を出した。戸籍法は出生後14日以内に届けるよう規定しており、自治体から期間超過の通知を受けた簡裁が『届け出期間を過ぎた正当な理由がない』として過料の決定を出した。」(21日朝日新聞より)正当な理由とは何かと改めて思う。出さなかったのではなく、出せなかったのであり、女性にとっては最も正当な理由ではなかったか。
 出生届を出さなかったのは自分を取り戻し生きるためであり、所在を知られないことを優先せざるを得なかったからであろう。しかしそのために負わなければならなかったのが、「娘は無国籍」という現実であった。私の長女は間もなく32歳になる。この女性の娘さんとほぼ同世代である。長い年月、少なくとも私は娘の国籍のことで苦労をしたことは皆無であるが、同じ年月をその母娘は、前夫に知られるのではないかという恐怖、国籍がないことによる様々な困難の中に生きてきたのである。そんな33年間の母娘の苦悩に思いを馳せると、「そのような苦悩を負わせる法を放置し続ける国に責任はないのか」と思えてならないのである。この国に同じ時に生まれ、同じ国籍の両親をもちながら、国籍を与えられないということが起こりうるこの国の在り方は、間違っていないのだろうか。憲法違反という声を無視しても国家の平和という大義名分を押し通すのだから、無国籍とならざるを得なかった子どもの人権回復に「法にはないが」といって無罪とすることは出来ないのか!!
 「安息日は、人のために定められた。人が安息日のためにあるのではない。」(マルコ2:27)安息日に麦の穂を摘んだ弟子たちをファリサイ派の人々は批判したが、そもそも律法は誰のためにあるのかとイエスは言われた。人が人として生きるために法があることを、どんな社会でも、そしていつの時代であっても忘れてはなるまい。

2015年9月20日 (日)

命を失わないために

 (マルコ8:27-38,ヤコブ2:1-18,イザヤ50:4-11)
 間もなく宗教改革500年を迎える。ルターが当時の教会に投げかけた「95か条の提題」は、発明された印刷機があったから世界的な出来事になったといわれる。しかし印刷技術がその当時に発展していなくても、人間の心に残る大きな出来事であり、解放の出来事として広がっていったことであろう。
 ユダヤの人々もメシアを待望していた。ヘブル語「マシーアハ」は油注がれた者と意味であり、その言葉がなまって「メシア」となったが、ダビデもソロモンも所謂「マシーアハ」である。イザヤ45章1節に登場する王キュロスも「マハーシア」と呼ばれており、捕囚の民となって100年後の538年にユダヤ人を解放し、祖国帰還を許可した王であった。その時から500年、諸国に支配され続けてきたユダヤ人が、解放のメシアを待望し続けたとしても不思議ではない。
 今日の日課で、イエスは弟子たちに自分のことを人々がどう見ているか、また弟子たち自身がどのように見ているかと尋ねられる。人々の見方は、6章14-15節にある答えと同じであった。しかしペトロは弟子を代表して、「あなたはメシアです。」と告白する。しかしそのメシア像は、500年前のキュロス王の姿でしかないことをイエスはご存じであったので、「だれにも話さないように」と言われたのである。
 ところで、この問答が繰り広げられた場所をマルコは北方に退く途中としている。異教的な雰囲気の中でペトロの信仰告白をイエスは引き出している。初代のキリスト者たちがそうであったように、キリスト教の宣教がなされる時、常に問われることだと言われている。もちろん私たちの告白も異教の中で行われているのだと語りかけてくれているのである。
 その際に、イエスにどのように従うかが求められる。十字架を背負ってイエスに従うことであり、イエスのために命を失うものは、それを救うと約束の言葉が語られている。マルコ福音書が書かれた時代は、まだまだ激しい迫害の中であった。その中で、イエスの受難の予告、命の約束の言葉は、初期のキリスト者たちに強く励ましの言葉として伝わり読まれたことであろう。
20150920  ペトロの告白、イエスの受難予告、イエスに従うことという今日の日課は、マルコ福音書のクライマックスである。より厳しい時代背景の中で人間の思いではなく神の思いを第一として生きることにより、十字架を背負う勇気を頂けるのである。

危機管理課

 先日の豪雨による冠水は、その日の昼前にはすっかり引いてもとに戻ったが、会堂地下の防空壕跡に入り込んだ水は全く引いていない。原因は、地下を流れている伏流水が、コンクリートのひび割れから漏れ出したことにある。3年前の修復工事の折、防空壕跡もコンクリートで補強補修してもらったが、全面ではなく底から1m程の高さまでであった。床の高さからすると伏流水がある地下1mほどの深さまでということになる。ところが今回の豪雨は、真間川の水位が道路より上になったために、地下に伏流水が溜まり、防空壕上部にあったひび割れから浸水したのである。一度浸水してしまうと下部には排出口などないので、分厚いコンクリート壁から外にジワジワ浸み出てくれるのを待つしかない。水が少なくなるには数年掛かりとなるだろうから、早急にポンプを使って排水することを考えなければなるまい。
 という訳で、ポンプを購入するためにホームセンターへ出かけた。店員に事情を説明していたら、「緊急時には市役所で汲み出しポンプを貸してくれると聞いたことがある」と教えてくれた。そこで役所に電話してみると、危機管理課という部署に繋いでくれ、手伝いには行けないがポンプは貸してくれるという。市民となって15年、危機管理課なるものが存在することすら知らなかったが、「大地震や風水害などの災害など、不特定多数の市民の皆様の生命・身体・財産に重大な被害が生じたり、生じるおそれがある緊急の事態について、安全対策や関係部署の総合的な調整に取り組む」(市役所HPより)部署であり、主な業務内容に「災害時における各種支援」と記されてあった。約束の時間に役所に伺うと、「手伝いには行けませんが」と申し訳なさそうに言いつつ、ポンプを貸してくださった。
 「神はわたしたちの避けどころ、わたしたちの砦。苦難のとき、必ずそこにいまして助けてくださる。」(詩篇46:2)私たちの心が危機を感じるとき、私たちの呻き嘆きを聞いて神は助けの手を差し伸べてくださる。神はまさに私たちの心の「危機管理」をしてくださるのである。感謝に絶えない。
 何かあるとホームセンターに駆けつけてしまう私だが、そこは私にとって市役所より身近な「危機管理課」なのかもしれない。

2015年9月13日 (日)

思いを越えて

 (マルコ7:31-37,ヤコブ1:19-27,イザヤ35:4-10)
 本日の日課には地名が記されている。なかなか実感できないので、私たちの居住地に置き換えて考えてみる。ガリラヤ湖の位置を市原市と茂原市の間とすると、ティルスは市川、シドンは柏市辺りとなる。イエスの一行は市川から東の九十九里、南下して勝浦を経て再度、市原と茂原の間のガリラヤ湖に戻るというような地理的状況である。とても不思議な行程であるが、敢えてそのような旅をされたとすることで、癒しの出来事の重要な意味が分かる。
 ところで福音書にはイエスが癒しをなされる時、いろいろな仕方が記されている。先週の日課の癒しにおいては、悪霊に悩まされている娘に会わずに母親の信仰によって癒してくださった。また、単に手を触れるだけで癒されることもあったし、長血の女性の時は服に触れただけで癒されたし、6章の最後では服に触れた者はみな癒されたともある。今日の箇所では、癒しのための具体的な所作がある。両耳に指を入れ、唾をつけて舌に触れたと。恐らく当時の治療に必要な所作をイエスもなさったということだろうが、「エファタ(開け)」と語ることで、魔法・魔術とは違うということを示されたのだとマルコは強調しているのであるこうして、イエスは人々の期待にお答えになった。人々に分かる言葉、そして権威ある言葉で癒しを行われたのである。
 旧約の日課はイザヤ35章であり、終末におけるメシアの到来の預言である。イエスもはっきり意識しておられた。だから、「耳の聞こえない人」「口の利けない人」の癒しを行われたのである。しかも、実際に癒されたのは一人であるけれども、37節の「人」は複数であって、複数で書かれたイザヤの言葉に対応させ、メシアの到来を告げようとしているのである。
20150913_2  ところで最初にイエスの旅路について、わざわざ遠回りをされた不思議な行程であると述べた。イエスの宣教の始まりに荒野の40日の出来事があるが、それは出エジプトの40年と重ねられている。いま再び異邦人の地を巡り、そしてエルサレムへの道を始めようとされるが、これは捕囚の出来事を遠回りすることで表し、こののちエルサレムに向かうことは「捕囚(罪)」からの解放なのだと知らせようとしているのである。第二の「バビロン捕囚からの解放」である。そして「この方のなさったことは全て素晴らしい」という言葉を重ねることによって、天地創造の最後に神が語られた「それは極めて良かった」という言葉に重なっていくのである。洗礼によって新しい命に生きることを赦されていることに感謝し、日々を過ごしていこう。
 13日の教会(写真は10日朝の教会前道路です。)

特別警報

 特別警報とは「大雨、暴風、高潮、大雪、津波、噴火、地震などで数十年に一度しかなかったり、危険度が非常に高かったりするような災害の発生が予想され、『ただちに命を守る行動が必要』と気象庁が判断した時に出す。特別警報を受けた都道府県は市町村へ通知し、市町村は住民に知らせることが気象業務法で義務づけられている。東日本大震災で大津波警報が迅速な避難に結びつかなかった反省などから2013年8月に始まった。」(朝日新聞より)2013年9月に福井・滋賀・京都に出された大雨特別警報を第一号にこれまで5回出されている。
 わが身に降りかからなければ、危機を危機とも感じないのが私たち。4年半前の震災は、確かに地震・津波、そして原発の危険を、身をもって感じさせられた。それなのに、背後から地滑りに襲われる可能性がある地に居ながら無警戒でいる私。そういう私に、「ただちに命を守る行動を取れ!」と、尻を叩いてくれている「警報」なのだ・・・が、私はそんなことも気にしないで過ごしてきた。身に降りかかるような災害に遭わなかったからだ。
 線状降水帯という気象現象により、同じ土地に次々と雨雲が襲い掛かる。市川もその線状にあり、豪雨に見舞われた。9日深夜から10日朝方の豪雨により、真間川が氾濫し道路は冠水したが、会堂は道路から1m程高くなっており、水が届くことはなかった。防空壕跡や聖壇下は地下水で水浸しとなってしまったが、これも修復工事で頑丈になっているので、今回の豪雨でも全く問題なかった。半世紀ぶりの道路冠水を招いた大雨は「特別警報」を出す必要があったと思うが、警報以前に日常的な注意と迅速な備え・対応をしておかなければと思った次第。
 「雨が四十日四十夜地上に降り続いた。(中略)およそ天の下にある高い山はすべて覆われた。」(創世記7:12~19)ノアの洪水物語の一節であるが、洪水の恐怖、全てを奪われる悲しみが描かれ、大雨に対する「特別警報」のような物語でもある。しかし同時に、この世のもの全てが奪われても、神の祝福は決して無くなることはないと告げる、祝福の「特別警報」とも言えるのではなかろうか。
 土砂崩れ、氾濫などの被害から一日も早く回復されるように祈ろう。

2015年9月 6日 (日)

愛されて、元気

 (マルコ7:24-30,ヤコブ1:2-18,イザヤ35:1-3)
 今日の日課は「イエスはそこを立ち去って、ティルスの地方に行かれた」と始まる。ガリラヤ湖の西岸ゲネサレトを去り、北西の地中海沿岸の町、異邦人の地ティルスへ移動された。60~70キロの距離であろうが、移動中のことは何も記されていない。しかし、ティルスに着き「ある家に入り、誰にも知られたくないと思っておられた」とあることから、道中の至る所で飼い主のいない羊のような人々が、イエスの姿を求めてきたと想像することができる。
 この福音書を書いたマルコについても、いろんなことを想像することができる。マルコは自分のことを、「捕えられようとして亜麻布を捨てて裸で逃げた」(14:51)と書き残している。その彼が、イエスの痕跡を辿る旅をしたと想像すると、意外に楽しい。「自分は最後の時に逃げてしまったけれど、主は多くの人の、羊飼いのいない羊のようなあの人々に、この異邦の地でも優しく手を差し伸べ、寄り添おうとされていたなぁ」と、彼は思い起こしていたかもしれない。
 休暇をいただき、北海道の道東に出かけてきた。釧路の納骨室(メモリアルルーム)には、私が牧師になる前に一番影響を受けた合田牧師と古戝牧師が並んで飾ってあった。帯広では、子どもたちが幼かった頃の我が家族の痕跡を辿り、浦幌や池田の信徒の方を訪問しながら30代の自分の働きを振り返る時をいただいた。痕跡を辿ることは、決して悪いことではない。過去をきちんと見つめることなくして、素敵な未来に向かうことはできないし、見つめなければ、再び私たちは犯してしまった罪を繰り返してしまうからである。
 マルコもイエスの痕跡を辿りながら異邦の地で起こったことを知った。「だれにも知られないようにしておられた」のにイエスに気付いて集まる人々、その中に汚れた霊につかれた娘をもつ女性がおり、その娘を癒された話を聞いた。
 「悪霊を追い出してほしい」と願う女性に対してイエスは、「まず」と言われている。先ずという以上はその次という言葉が当然予測されるのであり、救いが異邦人へ及ぶことが暗示されている。だから女性もその意味を察知し、機知にとんだ答えをする。イエスも「その言葉を聞いた以上、もう何も聞く必要はない」と彼女の娘を癒してくださったのである。
 マルコは異邦の地でイエスの歩みを辿りながら、イエスに愛されることが元気になる力であることを知ったに違いない。愛されていることを思い起こして元気を出していきましょう。

帯広教会で奉仕しました

 帯広教会より礼拝奉仕の機会を与えていただき、牧師休暇を利用して15年半ぶりに道東の三つの教会を訪ねた。以前はそれぞれに独立した教会であったが、今は帯広教会釧路礼拝堂・同池田礼拝堂・同帯広礼拝堂と称し、一人の牧師が牧会に携わっている。道東とひとくくりにされるが、釧路と帯広の間は120㎞もあり、市川から静岡県の富士市辺りまでの距離となる。金曜日の夜に釧路に入り翌日礼拝、終わると帯広に移動し、日曜午前に帯広の礼拝、午後は池田(距離約30㎞)で礼拝、引き返して夜に再び帯広での礼拝と都合4回の礼拝を行った。日曜午前の礼拝が13名で、残りの3回は10人に満たない出席者で礼拝が守られていた。それでもいつもより多いと聞くと、最東端の地での宣教の難しさを肌で感じさせられた。
 釧路の会堂の外観は変わっていなかったものの、トイレがきれいになり聖壇横の倉庫が納骨室(メモリアルルーム)へと変わっていた。その一方、牧師館の管理ができなくなっており、会堂も含めた今後の管理をどうするか悩んでおられた。池田の会堂も変化は無かったが、ひたすら老朽化に耐えているようにみえたし、牧師館は焼失して空き地になっていた。そして私たち家族が13年住んでいた帯広の会堂はトイレに身障者用が出来、駐車場も舗装されていた。畑にしていたところは芝生になり、ナナカマドや白樺の大木が無くなり、全体にスッキリした外観にはなっていたが、我が家の子ども達が遊びまわっていた風景は失われていた。そんな三者三様の変化も15年半という年月が刻んだ印し。それぞれの礼拝堂の群れは、これからどのような歩みを刻もうとしているのか、市川の地にて祈りに覚えつつ、また何か出来ることがあればお手伝いしたい。
 ところで、釧路の教会の納骨室に1980年に亡くなられた合田俊二牧師の遺影があった。牧師になり釧路に赴任し僅か3年、29歳の若さであった。大学生であった私は夏休みになると合田牧師の牧師館で過ごしていたことを思い出した。そして遺影の笑顔から「ワシの分まで、しっかり伝道しているか?」という声が・・・。
 帯広教会宣教40年を記念してご奉仕させていただいた道東の教会の礼拝。初心を思い起こす恵みの日々であったと感謝している。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »