« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月30日 (日)

カメラ

 携帯電話にカメラ機能がついているおかげで、事件事故や自然現象の異変などを映像で見ることができるのが現代社会である。爆弾による工場の爆発の瞬間、集中豪雨や突風・竜巻の一瞬の出来事、墜落事故直前の飛行機の姿等々、どれも手持ちなればこその映像に他ならない。その画像が事件事故の解決、自然現象の解明に繋がるということになるのだから、日頃から携帯電話のカメラ機能に慣れておくのも悪いことではないだろう。ただし、それがプライバシーを侵害するような行為にならないように注意しておかなければならないが・・・。
 子どもたちは夏休みのさ中、中学一年の子ども二人が殺害された大阪の寝屋川市の事件。この事件の解決に役立ったのが、至る所に備え付けられていたカメラの映像記録であったという。様々なところに据えられた民間のカメラの記録から不審な動きをする車(者)の情報を集め、追跡調査する。証拠となるものが殆ど残されていない中で、死体発見からほぼ一週間で犯人逮捕となったのも、カメラの情報があったからに他ならない。残酷な殺害方法に多くの方が心を痛め、自分たちの子どものことや大人の責任を考えたことだろう。二人を知る子どもたちの心に十分なケアがなされ、間もなく始まる新学期を元気に迎えてほしいと思う。
 ところで、防犯カメラが今回の事件の解決に役立った訳だが、換言すれば至る所で私たちは監視されているということでもある。表には出ないけれども、何かあれば私たちが映っている映像が利用されるということになる。イギリスの作家ジョージ・オーウェルは1947年に「1984年」という題名の小説を書いた。「偉大な兄弟(ビッグブラザー)」に統治され、自由や思想が奪われ、常に監視される世界が描かれている。携帯電話、防犯カメラ、人工衛星、パソコン・・・あらゆるものが私たちを守ってくれる手段ではあるが、ひとつ間違えば監視された世界になることを肝に銘じておかなければならない。
 40数年前、洗礼を受けた時に、非常に強く神様の眼差しを感じたものだった。罪を犯さないかを監視されているように思ったのかもしれない。しかしそうではなく、私に注がれた神様の眼差しは「見守りのためだった」と今は告白できる。

2015年8月23日 (日)

湖上を歩く

 (マルコ6:45-52,エフェソ4:1-16,ゼファニヤ3:18-20)
 イエスは私たちを豊かに養ってくださる羊飼いであり、いなくなった羊を探し出し、担いで連れ戻してくださる羊飼いの姿を思い出すことができる。
 本日の福音書の日課で、イエスは弟子たちを強いて船にお乗せになられた。ご自身が祈るためであったが、弟子たちも一緒は駄目だったのだろうか。しかし、「強いて」送り出される弟子の姿は、私たちと重なるものでもある、私たちも家族を離れ自立していくからである。
 ところで、湖上の奇蹟は4章にもある。弟子と一緒に船に乗っていたら嵐に遭い、弟子たちに願われて嵐を静めた。つまり、嵐をも権威ある言葉で静める奇蹟である。今日の箇所においては、嵐が静まったことは「ついでのこと」でしかない。では、中心的モチーフは何か。4章との違いを見ていくと、湖の上をイエスが歩いたという決定的な違いがあり、そこに今日の箇所の中心があることは明白である。
 夜明けごろ、嵐で進めない船を見て、イエスが湖上を歩いて来られた。彼らを助けようとしてであった。ところが、イエスは「通りすぎようとされる」のである。いなくなった羊を肩にのせて連れ帰るイエスの姿ではない。偶然ではないし、気づかなかったのでもない。はっきりとし意思をもって通り過ぎようとされたのである。
 「通り過ぎる」ことに大きな意味があり、これは「神顕現」に固有のモチーフである。イエスは悩む弟子たちの苦悩をみて、助けようとされたが、「通り過ぎる」ということで助けようとされたのである。不思議な方法だが、出エジプト記33:21~23では、モーセがイスラエルの先頭に立って行くことを恐れた時に、神が横を通り過ぎることによって栄光を現わしてくださった。列王記上19:11~12では、ホレブ山でまったく孤独であると感じるエリヤに対して、洞穴から出て山の上に立つことを命じることで神はご自身を現してくださった。
 弟子たちは理解しておらず、幽霊だとさわぐ。「心が鈍くなっていた」からであるが、神は通り過ぎることで助け守ろうとしてくださっている。それは私たちの望む助け方ではないかもしれないが、私たちの望む方法が最も良いということではないはずである。通り過ぎるという不可思議な方法、すなわち私たちの思いを超えた方法でイエスは良き羊飼いであることを示されたのである。
 私たちの思いを越えた仕方で神は私たちを助けてくださる。

リズム

 私たちの体の中には「体内時計」というものがあって、日中の活動や夜間の睡眠などのリズムを保つ働きをしている。このリズムにはいろいろなものがあって、一日のリズム(日周リズム)では、朝の目覚めと共に体温が上がりはじめ、日中は高い状態が続き、夜になると体温は下がり眠くなる。女性には月経という月周リズムがあって女性ホルモンが調整されているし、春になると眠くなり、渡り鳥は季節ごとに住む場所を変え、冬眠する熊などは年周リズムによるものである。また人間の眠りは90分ごとに浅い眠りと深い眠りを繰り返すが、これは90分を周期とするリズムであり、人間の集中できる時間も90分といわれる所以である。(以上、公益財団法人ダノン健康栄養財団HPより抜粋)
 地球上の生物は、自転によって生ずる昼と夜という自然現象の中で生きている。そのために生き物には、地球の自転リズムから生ずる生体リズムがペースメーカーとして備えられているという。このリズムが狂うと、体調も悪くるが、逆に生体リズムにあった過ごし方で体調を維持することも可能ということになる。理想的な一日とは「日の出と共に起き光を浴びる。ゆっくり体のウォーミングアップを行い、朝食には糖分を幾分多めにとる。仕事は起床後2時間後に始め、昼の休憩時は散歩して光を浴びる。夕暮れにも光を浴び、寝る1~2時間前に40℃程度のお風呂に入り、就寝の1時間前に暖かい牛乳を飲み、就寝直前は強い光を避けリラックス。」(ハリマ薬品HPより)理想の一日と比べて私が実施していることは、愛犬に連れられた夕暮れの散歩で光を浴びていることくらい。大いに反省しなければ!
 信仰もまたリズムである。例えば、保育園の子どもたちは、食前に捧げる感謝の祈りや礼拝で唱える主の祈りは、保育園生活で刻まれる信仰のリズムであろう。卒園すると祈りも礼拝もない生活になるだけに、保育園で刻まれた信仰のリズムがいつか子どもたちを支えてくれるものになればと願わずにはいられない。
 一週間を周期とする週内リズムもあり、血圧などは1週間の中で変動があるのだという。だとすれば「日曜日は教会に」というリズムで生きている私たちには神様が、「聖体リズム」をくださっているのかもしれない。

2015年8月16日 (日)

五つのパンと二匹の魚

 (マルコ6:30-44,エフェソ2:11-22,エレミヤ23:1-6)
 マルコ福音書には、群衆に囲まれるイエスの姿がたびたび出てくる。今日の日課にも群衆に囲まれるが、その群衆という存在が大きな役割を果たすことになる。すなわち、飼い主のいない羊のような彼らの有様をイエスが見て、養ってくださる奇蹟が行われるからである。
 覚えているであろう、長血を患った女性のこと。その時イエスは「あなたの信仰があなたを救った」と言われた。神を求める心、神に信頼する心、信仰によって救いの出来事が起こった。今日の群衆はどうであろう。彼らは熱心にイエスを追い求めた。一行より先に着いてしまったことからも分かる。しかし彼らの熱意の根本にあるのは信仰ではなく、「飼い主のいない羊のような姿」とイエスがご覧になったように、途方もない困窮状態であり、藁をもすがる思いでイエスの所に来ているだけである。その彼らをイエスは正しく受け止めてくださった。だから、彼らは遅くまでイエスのもとを離れようとしなかったのだ。
 彼らに向けられたイエスの憐れみが奇蹟の始まりであり、神ご自身が働かれるのに、弟子たちはそれを理解しなかった。イエスが「あなたがたが与えなさい。」と言うと、彼らは「私たちが買ってきて、食べさせるのですか?」と問い返しており、もし信頼しているなら、「どうやって食べさせますか?」と答えたであろう。しかしイエスの命令は弟子たちには現実的でなかったのである。
 彼らが持っていた食べ物は五つのパンと二匹の魚。イエスが祝福し、弟子たちが配ると奇蹟が起きた。皆が満腹し、残ったもので12の籠が一杯になったのである。エリヤはひとりの寡婦とその子どもが一握りの粉と少量の油で長期間パンを作って食べることができるようにし(列王上17:7~)、エリシャはわずかなパンと穀物で百人の人を満腹させた(列王下4:42~)。しかしイエスの奇蹟は、それらに比べてけた外れに大きい。皆がもっていたものを差し出したという合理的な解釈もあるが、それならば「分かち合いの精神」でしかない。大勢の群衆をイエスが豊かに養ってくださったという事実が大切なのである。
20150816 イエスは良い羊飼いと言われるが、大勢の人を食べさせることで、良い羊飼いであることを実証する。詩篇23編では「主は私を緑の牧場に伏させ」と言われているが、青草の上に座らされ食事で満腹した時に、群衆は詩篇の言葉の成就を体験したのである。それこそが、本当の奇蹟にほかならない。イエスが与えてくださる恵みの豊かさを心に刻み、日々歩んでいこう。

あれから

 あれから1年11か月、川内原発が再稼働された。2013年9月に福井県の大飯原発4号機が停止し、原発からの送電なしに電気が供給されてきた。今年は異常と思えるほどの暑さが続いているが、原発が稼働していた時よりも不安なく過ごせているという現実がある。そんなさ中、再稼働ということが必要なのかどうかが問われることなく、電力会社の事情のみで決められている気がするが、それで良いのだろうか。
 あれから30年、520名の命が一瞬に奪われた日航機墜落事故の犠牲者を追悼する式典が、今年も行われた。日航機事故以外の被害者も集う追悼式には、航空業界での働きを目指す若者たちも訪れ、空の安全、事故のない社会への思いを馳せておれられた。事故を検証し原因が究明し尽くされ、「多くの犠牲者の尊い命によって、あれからずっと大事故が起きていない」と毎年報告できることを、ご遺族の方々は願っておられることだろう。
 あれから70年、我が国だけでも300万人以上の死者を出した戦争が終わり、唯一の被爆国として、そして近隣諸国に多大な被害を与えた加害国として、自衛のための戦力は保持するものの攻撃のための戦力を保持せず、他国に武力を派遣することもせず平和を守る道を歩んできた。保守系の議員の中からは「いつまで日本は謝罪し続けるのか」という声も聞こえるが、それは私たちが決めることではなく、被害者(国)から「もう十分だ」と言ってもらえて初めて謝罪の言葉が消えるのでなければならない。あの時に成年であった人々の多くは他界され、戦争の記憶を刻んでおられる方々も少なくなってきた。戦争体験を有する人は、やがて確実にいなくなる。だからこそ「あれから〇〇年」と言い続けることで、悲惨な戦争を思い起こし、平和への誓いを再確認し続けられると思えてならない。
 ルーテル教会は間もなく宗教改革500周年を迎える。カテキズムが再販され、様々な記念行事も計画されている。大きな節目に出会えるのは幸いなことである。しかし、私たちキリスト者は「キリストの十字架と復活、あれから〇〇年」と、世の終わりまで数え続けていくに違いない。

2015年8月 9日 (日)

さあ、行きなさい

 (マルコ6:6b-13,エフェソ1:3-14,アモス7:10-15)
 夏、キャンプの季節。備えあれば憂いなしと、充分な準備をして臨む。信仰も十分に準備が必要である。ヘブライ人への手紙11章にはアブラハムの信仰が記されているが、創世記22章の出来事を通して主の求めに応じた時に、主は備えてくださるという信仰が記されている。つまり、信仰には人間的な備えを捨てるという「備え」が必要なのであり、それこそが信仰そのものと言える。
 福音書の日課は弟子の派遣であるが、当時いろいろな宗教が行っていた巡回伝道者の姿と同様である。弟子たちも巡回伝道を始めるが、内容は「悪霊の追放」と「福音の宣教」であり、イエスの働きと同じ内容である。また、二人が一組になって行動するのはユダヤ人の習慣であり、ヨハネの弟子たちも二人一組であったし、パウロも伝道旅行に際し最初はバルナバ、二回目はシラスと一緒に巡回伝道をしている。
 派遣に際して、イエスは弟子たちに「汚れた霊に対する権能」(汚れた霊を制する権威)と、「具体的な命令」(杖一本の他には、食べ物、お金も持たずに行け)を与えた。巡回伝道者から話を聞く者が宿泊の用意をし、必要な者は準備するというのが当時の習慣であったからだが、弟子たちは大きな決断を迫られた。物質的なことだけではない。家から家へ泊まり歩くなといわれている。より良い待遇で迎える家があっても、そちらに移るようなことがあってはならないということであり、伝道は物質を得るためのものではないと戒められているのである。また、足の塵を払うのは、異教の汚れを聖なる地に入れないということであり、拒否する者は受け入れないという神の強い意志を表す手段として象徴的な行為であった。信仰者にもそのことは問われていることであり、神以外で自分が頼っているものを捨てる、死なせることにより新しい私になって信仰者として生きることへと招かれているのである。
 厳しい命令である。しかしそれを伝えるだけではない。福音のため出掛けなさいとイエスは押し出してくださる。さあ、恐れないで、福音を携え、福音を述べ伝えに出かけて行きなさい。何より、福音自身に力があるのだからと。
20150809 この物語の直前の聖書の箇所では、イエスは故郷で受け入れられなかった。そのために教会は異邦社会へ出ていって、福音宣教をすることになったという事情もある。ユダヤ人には拒否され、異邦社会で受け入れられたという初期の教会の経験は、イエスご自身が経験されたことなのだとマルコは述べたいのであろう。異教社会の私たちの教会もまた同じ。挫けず宣教に携わっていこう。

被爆伝承者

 被爆経験のない人が原爆被害の悲惨さを語り部として伝承していく「被爆体験伝承者事業」に広島市は3年前より取り組み、養成した50人を今年「被爆伝承者」として初めて任命した。被爆者の高齢化が進み、悲惨な経験を被爆経験のない世代がどのように伝えていくかという課題があり、「伝承者」を養成して後世に伝えていこうと制度を設けられたものである。あの戦争から、時は確実に遠く離れていく。戦後も70年と数えられる今年、戦時下の日本を大人として支えた人々の殆どは亡くなっている。もちろん被爆者も同様である。だからこそ、被爆した体験とその時の心を、その体験者自身になって伝えていく「伝承者」の働きは、とても大切なものである。何故なら悲惨な体験を引き継いでいくことこそが、武力を高めて戦争を防ごうというよりもはるかに抑止力があると思えるからである。
 イエスの出来事も人々が語り伝えたことから始まる。イエスと直接あるいは間接に触れた人々がいた。権威ある教えを聞き、様々な奇蹟を目の当たりにした人々がいた。そのことを人づてに聞いた人々が、「自分も直接見たい、聞きたい」とイエスのもとにやってきた。大勢の者がイエスの出来事を体験者した。しかし、主が十字架につけられたことによって人々の熱は一気に醒めてしまった。だが、イエスの出来事はそこで終わらなかった、再び人々に現れてくださったのである。弟子たちやイエスと親しかった人々の喜びは大きく、また十字架の出来事が救いには必要なことであったと受け止めることができるようになった。ここにキリスト教の始まりがある。十字架と復活の出来事を体験した人々がいて、その彼らの体験を口頭で伝えていき、これを記録する人が生まれそして聖書としての書物になっていった。その意味では、「福音体験の伝承者」によらなければ聖書は生まれなかったし、福音が世界中に広まっていくこともなかったと言える。次々に現れた伝承者たちによって今に、そして将来も絶えることなく福音は伝承されていくことであろう。なぜなら、伝承者を生み出し支えているものは「絶えざる神の力」に他ならないからである。
 キリストを伝えることは平和を伝えること。だからキリスト者は「平和の伝承者」なのだと、戦後70年の今年、心に刻みたい。

2015年8月 2日 (日)

イエスとは誰か

 (マルコ6:1-6a,Ⅱコリ12:1-10,エゼキエル2:1-7a)
 先日、葬儀が行われた。キリスト者ではなかったけれど、奥様の信仰によって葬儀を依頼されたのでご奉仕させていただいた。突然のことであったにも拘らず多くの方が参列してくださったが、ご家族の方にとっても「この人は誰だろう」と思う方も多かったという。広い交友関係と如何に多くの方に慕われていたかが伺えた時でもあった。私のことについて言えば、参列の方からすると、「葬儀を行っている私をこの牧師さんは一体誰だろう、なぜここにいるのだろう、教会のことなんか聞いてもいなかったから、一体何故キリスト教なのだろう」と思われたに違いない。私たちは自分のことはともかくとして、家族の交友関係すら全てを知っている訳ではないと改めて知らされる。
 日課の福音書は、故郷ナザレの会堂で話をされたイエスの姿が描かれる。故郷ナザレの人々はイエスに驚いたが、それは説教の内容ではなく、「イエスがそのような話をした」ということにほかならない。故郷ナザレでは「神の子」とは見ないで、「マリアの子」としか見ることができなかったからである。信仰の故に、家族と対立している人々が初期の教会にはいたことだろう。そのような仲間に、主イエスご自身も同じであったということを示すことで、励ますという目的もあったのかもしれない。ともあれ、故郷ナザレでは「人々の不信仰」をご覧になり、だから何も奇蹟を行うことがおできにならなかったのである。
 「信仰」という言葉はギリシア語では「pistis(ピスティス)」で、その意味は頭の中で「神がいる」とか「イエスはキリストである」と考えているということではなく、あきらめや不安があっても、それ以上に神に信頼を置いて生きるという姿勢にほかならない。そのような信仰に対して、「マリアの子」という思いは信仰ではなく不信仰しか生み出さなかったのであり、その不信仰は神の業を出来なくさせるものなのだというのである。ただし、強調したいことは、出来なかったことではなく「イエスが神の子と信じる時には出来る」ということをマルコは告げたいことは言うまでもない。
20150802_2 それでも神の言葉が語られ、神の言葉を受け入れるときに、「神には何でもできないことはない。」と語り続けられるのである。イエスは神の子と告白し、信頼して毎日を過ごしていきたい。

パニック

 週末になると各地で花火大会が開催される。花火は夏の風物詩。何が興奮させるのかはよく分からないが、夜空に広がる花火の美しさ、一瞬で消えてしまう儚さ等々、人を惹きつける要素はたくさんある。何よりも大勢の人とワイワイ過ごす楽しさがある。つまり、「花火+アルファー」という要素があるから、人を惹きつけるのではないかと思う。勿論私も「+アルファー」の方が好きな一人だが、なのに我が家の犬ときたら、花火が大嫌いである。
 「パンパン」という音が聞こえた瞬間、その場から立ち去ろうとする。足はガタガタ震え、目は虚ろになりヨダレが垂れてくる。数年前、散歩させるのが遅くなり、丁度花火が始まる時間と重なってしまったことがあった。すると、我が家とは逆の方向に逃げ始めた、私でも引きずられる程の力で。絶えず聞こえる花火の音、ピカピカ光る空。結局、二時間近く歩き回り(逃げ回り?)、終了する頃にやっと帰宅できた。あれ以来、花火の日は早めの散歩を心掛けているけれども、犬にとっては散歩中だろうと自宅に居ようと花火の音は変わらずに聞こえてくるのだから、安心できない日には違いない。花火や雷の音が、犬をパニック状態にしているのだろう。いろいろ調べてみると、「騒音恐怖症」と名付けて良い状態らしいが、薬で安定させたり、飼い主が抱いてあげることで安心させたり対処法が紹介されているが、原因も症状も解明されていない中では、どの対処法も100%最適ということはないという。ともあれ、パニックになった時に、犬自身が「飼い主がいれば安心」と自己暗示させることができないことを、理解しておくしかないらしい。
 湖の向こう岸にわたろうとしたイエスと弟子たちが突風に見舞われた出来事がある。漁師経験も及ばない程の嵐に、彼らもパニックに陥ったのではなかったか。その時に彼らは、艫で寝ているイエスに気づき助けを求め、イエスが嵐を静めてくださった。(マルコ4:35~41)パニックになるのは人間も犬も同じ。だが、パニックの時に「わたしの助けは来る、天地を造られた主のもとから」(詩篇121:2)とみ言葉を思い起こし、心を静める道があることを、助けがあることを知る者となりたい。
 年を取り更に騒音恐怖症が増す我が家の犬。家族で助け主になってやるしかない。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »