« 汗かき | トップページ | パニック »

2015年7月26日 (日)

人の願い、神の思い

 (マルコ4:26-34,Ⅱコリ6:1-18,エゼキエル17:22-24)
 今日の日課には二つのいやしの物語が伝えられており、ヤイロの娘の話の間に出血の止まらない女の話が挟まれている。二つの話の共通点は、絶望的な状況、信じてイエスにひれ伏すことで道が開けるということにほかならない。そのことを頭に入れた上で、出血の止まらない女性のことを主に考える。
 彼女の苦しみは12年間も続いていた。12という数字は絶対数なので、正確に12年というよりも、とても長くという意味にもとれるだろう。先の見えない苦しみ、結果を得られない苦しみは、彼女を絶望的にしただろう。また律法の下での苦しみも加わっていた。レビ記15章25~27節によれば、出血は汚れているとされ、人と交わることも許されない状況であった。財産を使い果たし、社会からは「汚れ」として差別され疎外されていた12年間なのである。
 町に来られたイエスに、触れたら治してもらえるだろうという期待と、人に触れてはならないという自分の立場の板挟みの中で、彼女は意を決して触れるのである。ジレンマの中で触れた彼女であったが、期待した以上の結果を得る。出血が止まったからである。そこからの彼女の願いは、群衆に紛れこみ、誰にも気づかれないように立ち去ることであっただろう。イエスさえ気づかなければ、いや、気づいたとしても見逃してくれたら、それが一番良かったのである。大勢の群衆は気づいた気配はないし、あと一息で、何事もなかったかのように過ぎ、そして彼女の12年間の長い長い苦悩が終わる。彼女はもう一息で自分の願いがかなうと、ドキドキしながらも、安堵感が徐々に心を占め初めていたのではなかっただろうか。気づいておられたとしても、「武士の情け」と見逃してくだされば全てが終わったはずなのである。
 しかし彼女の思いと裏腹に、イエスは見逃されなかった。神の憐れみは武士の情けと違う。見逃せば、「汚れたままで触れた」という新たな罪の中で彼女はまた苦悩を続けなけらばならない。武士の情けの限界がそこにある。
20150726 震えながら進み出てひれ伏した女に、イエスは「信仰があなたを救った、安心していきなさい」といわれる。彼女が、あるいはイスラエルのすべてが気にした「汚れ」を無視することによって、権威ある者としてのご自身を現された。そして彼女を律法の呪いから解放し、元気で暮らすことができるようにしてくださったが、そのきっかけは、「この方の服にでも触れればいやしていただける」という素朴な信仰(願い)であった。それに応えることこそが神の思いなのであった。

« 汗かき | トップページ | パニック »

説教要旨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 汗かき | トップページ | パニック »