« 息をする | トップページ | ヨルダン »

2015年1月25日 (日)

神の介入

20150125(マルコ1:21-28,1コリ8:1-13,申命記18:15-20,)
 主は宣教を始めるにあたり、先ず4人の漁師を弟子とされた。(先週の日課)
 38節までは時間を追って出来事が進行していき、全部が丸一日の間に起こっている。マルコは、イエスのガリラヤでの活動の様子を、カファルナウムでの典型的な一日を語ることによって、イエスの宣教とは何かを伝えようとしていると思われる。
 カファルナウムはガリラヤ湖の北西岸にある町。異邦に接する辺境の町であり、政治経済文化など、所謂陽の当たらない街といえる。だがイエスは、ここを福音宣教の出発点とされた。イエスの眼差しが、貧しい人々や抑圧された人々、罪人たちに向けられていたのは、カファルナウムを宣教開始の地とされたことと無関係ではなかろう。イエスはカファルナウムを「自分の町」(マタイ9:1)とさえ言われたのだから。
 さて、その日は安息日であった。それは金曜日の日没から土曜日の日没までにあたり、労働を休み、礼拝を行うための日である。エルサレムのユダヤ人は神殿で礼拝したが、地方には町ごとに会堂があり、ユダヤ人はそこに集まって礼拝をしていた。また会堂での説教に、特別な資格はいらなかった。
 イエスも会堂で人々に教えられたが、人々はその教えに驚いた。律法学者のようにではなく、権威ある者として教えられたからであった。律法学者は多くの知識をもち、人々を教えた。それを用いて自分の意見を権威付けた。
 しかしイエスは、「権威ある者」として語られたという。「私は・・・である」、「はっきり・・私はあなたがたに言う」というように断言的に語られた。更に、汚れた霊(神に反する力)は「私にかまうな」と関係を断ち切ろうとするほどに、イエスの教えには力があった。イエスが宣教の始まりに「権威ある者」として振舞われたのは、神が働いてくださることを人々に伝えるためであった。
 この神が今も権威ある者として今も私たちに働き、閉ざされた私たちの心に介入し続けてくださっている。

« 息をする | トップページ | ヨルダン »

説教要旨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 息をする | トップページ | ヨルダン »