2017年7月30日 (日)

口内調味

 青い鳥ホームの学童キャンプに同行してきた。二日目の夜のこと、夕食はカレーライス。子どもたちは3班に分かれて飯盒で米を炊いた。水加減、火加減で炊き上がりに違いが出るので、「どの班のご飯が一番美味しいかコンクール」が行われた。審査員は牧師先生!「苦労して炊いたご飯に優劣をつけろとは」と困惑する私を尻目に、子どもたちは大騒ぎ。やれやれと思いつつも、それぞれの班からカレーライスを受け取り口に入れていく。ご飯の固さに微妙な違いがあるのが分かるが、だからと言って順位を付けるほどの差がある訳ではない。しかし固唾を飲んで発表を待つ子どもたちに何かを言わなければならない・・・う~~ん!!微妙な固さの違いを我が口の中で感じた結果、「固さで言えば2班が一番、でもカレールーを掛けるには少し固い方が良いので1班、だけど年を取った先生には柔らかいのが良いから3班」ということで、「美味しいご飯賞・カレーライス賞・優しい賞」をそれぞれ受賞してコンクールは笑顔の内に終了。やれやれ!!!
 濃い味のおかずをご飯で薄めながら食べるのは、日本人のみが行う食文化なのだという。卵とご飯、焼き魚とご飯、漬物とご飯など、自分の好きなように口の中で調合しながら食べる特有の食べ方で「口内調味」と言うが、このような食べ方、味わい方は欧米人には理解できないという。確かに、一品一品出されるのが西洋料理であって、食べ合わせする料理とは考えにくい。しかし、フルコースを食しつつも、ついご飯替わりのパンと一緒に食べてしまう私の食べ方は、西洋料理のルールから言えばマナー違反なのかもしれないが、口内調味をする日本人だから当たり前と許してもらうしかない。普段は考えもしないけれど、一汁一菜でも豊かな食事と感じさせてくれる口内調味という食べ方を与えられていることは、感謝すべきことではなかろうか。
 「味わい、見よ、主の恵み深さを。いかに幸いなことか、御もとに身を寄せる人は。」(詩編34:9)恵みを味わえと主は言われる。様々な出来事から恵みを見出し味わうことに関して、口内調理をする私たちは特別に秀でてるかもしれない。いや、そうに違いないと信じて歩めば、きっと沢山の恵みを見出せることだろう。

2017年7月23日 (日)

あるがままを受け入れる

 2年に一度行われる陸上競技の世界大会が、今年の8月4日からロンドンで行われる。それに先立ちもう一つの大会「パラ陸上」は既に開始され、選手たちの活躍する姿がニュースでも取り上げられる。パラ陸上は、障害の種類と度合いによって24のクラスに分けられ行われる。義手、義足、車椅子等の道具の助けを得て、また全盲の人は介助者の声の助けを得て、競技する選手たちの姿は美しいと思う。あるがままの姿で競技し、自らを輝かしているように見えるからだ。
 アメリカの神学者ラインホルト・ニーバーが、51才の時の説教での祈りがある。「神よ、変えることのできるものについて、それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。変えることのできないものについては、それを受け入れるだけの『冷静さ』を与えたまえ。そして変えることのできるものと、変えることのできないものとを識別する『知恵』を与えたまえ。」この祈りは、教会だけでなく、様々な更生のためのプログラムにも組まれていると聞くが、この祈りの言葉を実践しているのが、まさにパラ陸上の選手たちではないかと思う。彼らは、変えられない現実を冷静に見極め受け入れ、自分の心の在り様を変えることで、新しい希望を与えられたのではないだろうか。
 先日亡くなった聖路加国際病院の名誉院長日野原重明先生も、この祈りの言葉から次のようなコラムを書いておられた。「度重なる災害に日本はみまわれています。亡くなった人、失ったものを取り戻すことはできません。けれど自分の心の持ちようは変えられます。どうか傷ついている方々に『希望』という名の支えを差し伸べて下さい。自分の命の時間を他者のために使うことで、自分もまた心の幸福感が得られます。そう信じること自体が、耐える力と実行に移す勇気を与えてくれます。」(朝日新聞2012.11.26.コラムより)
 あるがままを受け入れることが次へのステップとなり、希望を生み出していく。今は道が見えなくとも、諦めずに耐えて待つ時に、道は開けてくるに違いない。神も「求めなさい。そうすれば与えられる。」(マタイ7:7)と約束してくださっているからである。そのことを体験したプレ陸上の選手たちは、自らの姿を通して私たちに元気をくれているのではなかろうか。

2017年7月16日 (日)

睡眠負債

 梅雨明け宣言は出されていないものの、雨も降らずに猛暑続きの毎日。梅雨は終わったのではないかと思うのだが……。ともあれ夜になっても暑さのために寝苦しく、睡眠不足が増すばかり。ということで、予定のない日は睡眠不足を解消するための昼寝が日課になっているが、まるで保育園児のようだと思いつつも欠かせない。その結果、また夜が寝苦しくなり、睡眠不足は解消されないという悪循環を繰り返している。「予定のない日に寝溜めしておきたい」と思うのだが、我が家には「ワンコの散歩」という欠かせない定期的行動があるのでそれもままならないが、その一方、年を取れば睡眠時間は少なくていいのだと自らの心を誤魔化す日々。
 不足しているなら、その分をどこかで補えば良いとこれまでは思っていたのだが、「睡眠不足」は積み重なって、日々の生活の質を低下させたり、更には命にかかわる病気のリスクを高めることになるのだという。専門家たちは、蓄積する睡眠不足のことを「睡眠負債」と名付け、対策の必要性を訴えている。
 アメリカの研究チームの実験がある。被験者を徹夜のグループと睡眠6時間のグループに分け、注意力や集中力がどう変化するのかを調べた。徹夜のグループは初日、二日目と成績が急激に下降し脳の働きが衰える。6時間のグループは最初の二日間は殆ど変化がないが、徐々に脳の働きが低下し、二週間後には二晩徹夜したのと同じ状態になったという。しかし6時間のグループの人は脳の衰えを必ずしも自覚していなかったという。睡眠不足が蓄積していても気付かないが、仕事や家事に影響を及ぼしているということになる。がんや認知症のリスクも高める可能性もあるというから、負債を返済することが必要となる。寝だめでの一括返済は無理だが、「今より少し長めに睡眠し、週末も同じ時間帯で寝起きすることを続けること」で返済できるのだという。(NHK.「睡眠負債が危ない」より) 「不足」だと思っていたから余り気にせずにいたが、「負債」と聞いたら何とか返済しなければという気になってくる。先ず寝る時間を1時間早めるかなぁ!!
 主の祈りの中、第五の祈りで「我らの罪を赦したまえ」と祈るが、「罪」とは「負債」のことである。キリストは十字架によって贖い私たちの負債を返済してくださった。負債のない者として、神に仕える人生を歩み続けていきたいものだ。

2017年7月 9日 (日)

AI(人工知能)その2

 事故で腕を失ったり、生まれつき腕が欠損している人のために義手がある。それについての私のイメージは、「腕があるように見せる」という程度のものだった。しかし筋肉が動く際に発生する微弱な電気を読み取って、手指を動かす「筋電義手」というものも開発されており、2000年頃から日本でも一般に使用され始めたらしいが、高額なため1%程度しか普及していないという。だから私たちが目にしないのも無理もない。
 人間の体は筋肉を動かそうとすると脳から指令が出、それが神経を伝わり筋肉に達し放電現象を起こす。その電気は「手を握る、開く、手首を曲げる」といった動作それぞれで周波数や振幅が違うので、内蔵されたマイコンで特性を解析し、モーターを駆動させて動かすのが筋電義手なのだという。その筋電義手に装着させる人の手を動かすパターンを、予め学習能力をもつAIに記憶させた上で本人に装着する。するとAIはその人の個性をいくつかの動作を通して学習し、その人に合わせた動作をするようになるのだという。勿論まだまだ問題も多く、個々の指の動き、持つ力、筋電義手そのものの耐久性や充電のことなど課題はたくさんあるが、これを付けた人が自信をもって生きていけるなら、素晴らしいことではなかろうか。(HP:Mugendai参照)こうして与えられた新しい技術を、人はどのように用いるかということが、これからも益々問われていくことだろう。
 宗教改革の時代、それまでの礼拝様式や装飾などの全てを捨てた教会があった。しかしルターは「信仰のために有益なもの」に関しては大事なものとして残した。その結果、聖壇には教会暦を教える聖壇布が用いられ、聖書の光を伝える燭火があり、牧師も祭司服を着用する。これらはまさに信仰を助けるものであって、生き生きとした信仰に繋がるものである。その事から言えば、私たちが最も気を配らなければならないことは、人が人として喜んで生きることが出来るために必要なことは何かを考えることであって、知識の積み重ねによって得られた新しい技術AIだけが素晴らしいものだと賞賛することではないだろう。
 筋電義手がもっと手に入れやすくなり、腕を失くした方々の人生に希望が与えられたらと思う。そんなところにこそ、私たちが払う税金が用いられたらなぁ…。

2017年7月 2日 (日)

AI(人工知能)

 めったに取り上げられなかった将棋の世界が、今、中3プロ棋士藤井四段の活躍によって注目されている。次々に先輩棋士たちに勝利し、重ねた連勝数は「29(7月1日現在)」。これまでの連勝記録を抜き去ってしまい、今後の活躍に周囲の期待も高まるばかりである。彼の強さの秘密のひとつに「AI(artificial intelligence:人工知能)」の活用があると聞く。人間が知能を使って行うことを機械にさせようとするもので、新しい情報から将来使えそうな情報を得る「学習」と知識をもとに新しい結論を得ようとする「推論」をさせることなのだという。将棋にも過去の膨大な記譜が残されており、そのデータをもとにAI自身が学習し最も最善の手を探っていく。藤井四段のAIが予測するデータに最も多く合致し、最善の手を選択できていることが勝利を生み出しているという。勿論、日本中の人々に注目されつつも持てる力を発揮できているのは、将棋に集中できる素晴らしい精神力があるからに他ならないが…。
 私たちの日常の情報は気づかない内に「個人情報」として集められている。スマホやパソコンで検索する、車や電車で移動する、ネットや商店で買い物をする等、どれも日常のさり気ない動作だが、それが情報として集められAIによって活用されている。例えばコンビニで買い物をする。レシートには購入日時と商品名が打ち込まれている。AIはその情報をもとに、時間帯によって売れる商品を見つけたり、商品の組み合わせを見ながら、「Aを買うとBを買う人が多いので、AとBを並べて置こう」というように配置を換えて購買意欲を高めることもできる。要するに、AI自らが「学習」して将来のことを「推論」し、より良い方法を提供してくれるようになるということだが、AIを先ず作ったのが人間なら、用いるのもまた人間なのだということを忘れないで欲しいと願う。
 私たちに与えられた信仰にも「学習」が必要である。礼拝に集い、み言を聞き、賛美する。日常の中で経験するあらゆる出来事の中から恵みを見出す。そのことを積み重ねることによって、明日への希望を「推論」することが出来るようになる。人それぞれに相応しい「信仰という知能」を神様は与えてくださっているのだから、眠らせておかずに、大切に育てていければ素敵な明日を生きることができるのではないか。
 さて、本日(7月2日)行われている藤井四段の結果は如何ばかりであろうか。

«雨の日に